2016年6月20日9:24

Thales(タレス)は、銀行(イシュア)やプロセッサーに対し、世界156カ国で決済システムを守るためのセキュリティシステムを提供している。同社の決済用HSM(ハードウェア・セキュリティ・モジュール:Hardware Security Module)「payShield 9000」は、グローバルな決済トランザクションの80%を保護していると言われる。最近では、NFCモバイル決済やmPOS(モバイルPOS)など、モバイルを活用した取り引きでの採用も加速している。

決済用HSM「payShield 9000」を提供
NFCモバイル決済のHCEではThalesのHSMが従来通り利用可能

モバイル決済のテクノロジは日々進化しているが、中東・アフリカ地域では、2007年に英国のVodafoneの子会社となるSafaricom(サファリコム)がケニアにおいて、SMS(ショートメッセージサービス)を用いた送金サービス「M-pesa(エムペサ)」を提供するなど、古くからサービスが行われてきた。

NFCモバイル決済については、これまでパイロットプロジェクトに留まるケースが多かったが、2014年にAppleが「Apple Pay」を開始して以降、グローバルで採用企業が増えている。今後は、中東・アフリカ地域でもNFCモバイル決済の普及が期待されている。

Thales e-Security アフリカ&南アジア,中東 リージョナル・セールス・ディレクター Philip Schreiber氏
Thales e-Security アフリカ&南アジア,中東 リージョナル・セールス・ディレクター Philip Schreiber氏

モバイルを活用した取引の場合、セキュリティの確保が1つの課題となるが、タレスでは、その解決策として、決済用HSM「payShield 9000」を提供している。近年は、VisaやMasterCard、American Expressといった国際ブランドなどが推奨するモバイル決済の新技術である「HCE(Host Card Emulation:ホスト・カード・エミュレーション)」でも、ThalesのHSMが従来のカード取り引き同様に利用できるため、イシュアから引き合いが寄せられている。SE(Secure Element)では、モバイルオペレーター(キャリア)が介在するため、技術的な鍵の実装などが課題となっていたが、HCEの場合、クラウド上に機密情報を実装することにより鍵の管理も不要となり、カード情報もトークン化されてモバイルデバイスの中にあるため、セキュアな管理が可能になるという。

Thales e-Security アフリカ&南アジア,中東 リージョナル・セールス・ディレクター Philip Schreiber氏は、「HCEにより、イシュアはモバイルに加え、ウェアラブル端末を利用して、セキュアな取引が可能となります」と説明する。

ドバイはNFCモバイル決済やHCE普及のポテンシャルは高い?
mPOSのグローバルプレイヤーでもThalesのHSM採用が進む

Schreiber氏によると、「NFCモバイル決済やHCEの普及に向けては、各国のローカルレギュレーションも重要となります。例えば、ドバイの場合、銀行の力が強いため、普及は進むと考えています」と口にする。

また、スマートフォンを決済端末として利用できるモバイルPOS(mPOS)については、Spire Payments、Miura Systemsなどのグローバルプレイヤーが採用している。Schreiber氏は、「モバイルを活用した決済サービスはリスクが高いため、グローバルで弊社のHSMの採用は広がっています」と説明する。

ThalesのHSMは、強力なマスター鍵保護、暗号データの認証など、HSM機能としての提供範囲が幅広く、「ペイメントセキュリティの保護に関してはグローバルなリーダーです」とSchreiber氏は自信を見せる。現在、新たなテクノロジを活用した決済サービスは増え、広がりを見せているため、Thalesではそれらのセキュリティを高める役割を果たしていきたいとしている。

例えば、ドバイの政府の支払いに利用されている「e-dirham(イーディルハム)」は、リスクがどこにあるかを定め、それを解決してセキュアなサービスを提供した、スタンダードな決済サービスとなっている。

※取材は2016年5月31日、6月1日にドバイで開催された「Cards & Payments Middle East」で実施。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP