決済特化のアプリをリリース、パスワード入力不要で支払い可能に(LINE Pay)

2019年4月18日8:17

最大1万円分を還元する「平成最後の超Payトク祭」を開

LINE Payは、2019年4月18日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、決済アプリに特化した「LINE Payアプリ」をリリースした。また、4月18日〜4月30日に実質最大で20%分を還元する「平成最後の超Payトク祭」を実施している。

女優の今田美桜さんが「LINE Pay」のアンバサダーに就任。「平成最後の超Payトク祭」のWEB movieや店頭ポスターなどのPOPに出演してキャンペーンを盛り上げる

スマホ決済でナンバー1のサービスであると自負

LINE Payは、スマートフォンを活用した決済革命を目指している。平成の時代もキャッシュレスはさまざまな成長を遂げてきたが、LINE Pay COO長福久弘氏は、「『令和』ではスマホ決済が当たり前となり、その先には新たなテクノロジーがお金の在り方を変えます」とした。

現在、LINE Payは、3,200万人(2019年4月時点)までユーザー規模を拡大し、「ナンバー1のサービスであると自負しています」(長福氏)。2018年は決済可能箇所が100万を突破。また、グローバルでの取扱高1兆円を達成しており、2019年の目標をグローバル月間アクティブユーザー数1,000万人としている。

LINE Pay COO長福久弘氏

アンバサダーに今田美桜さんを起用

LINE Payでは、ユーザーのさらなる拡大に向け、さまざまなキャンペーンを実施しているが、昨年開始した毎月開催の「Payトク」キャンペーンにおいて、2018年12月にすべてのユーザー対象に20%分還元としたところ、引き上げ前と2019年3月の月間決済利用者数の比較では、2倍になったそうだ。「開始前の2018年5月末と先月末でのMAUを比較して、コード支払いは21倍の成長、2,110%の伸びとなりました」(長福氏)。また、20%分の還元が後日入金され、それを利用してもらう決済のサイクルを作ることに成功している。

「LINE Pay」では、4月18日〜4月30日に実質最大で20%分を還元する「平成最後の超Payトク祭」を実施。LINE Payアンバサダーには、女優の今田美桜さんを起用した。長福氏は、「日本で一番キャッシュレスを推進している福岡出身である」こともアンバサダー起用の理由として挙げた。

「平成最後の超Payトク祭」では、期間中の「LINE Pay」の主な決済方法すべてが対象で、実質的に最大で支払い総額の20%分、上限5,000円分までを還元する。「LINE Pay カード」、Android対応端末での「QUICPay+」対応箇所も対象となるほか、「コード支払い」、「請求書支払い」、オンライン決済の利用も含まれる。さらに今回は、「LINE Payアプリ」のリリースを記念して、キャンペーン期間中「コード支払い」利用時にアプリを使って支払うと、還元総額が他決済方法の2倍に引きあがり、上限1万円分まで還元される。

パスコード入力不要による不正リスクへの見解は?

LINE Payでは、Twitterで「ここがヘンだよLINEPay」を行い、ユーザーの声を集めたが、「クーポンどこにあるのか」「キャンペーン情報はどこにあるのか」「どこで使えるかわからない」という声があったそうだ。それを受け、決済機能に特化したAndroidの「LINE Payアプリ」を4月18日にリリースした(iOSは近日リリース)。LINE Payとしてユーザー向けにアプリを提供するのは今回が初だ。

 

同アプリでは、30万円(税込)の支払いまではパスワード入力不要でコードが表示され、よりスムーズに支払いができる(都度パスワードによる認証も可能)。決済時は、一画面でユーザー読み込み型(MPM)と提示型(CPM)双方に対応。パスワード不要によるセキュリティ面について記者が質問したところ、長福氏は、以前からLINE Payではセキュリティを重視してきたが、「コード決済のリスクで大きいのはクレジットカードと紐づける場合」だとしたうえで、「銀行口座と紐づけるLINE Payでは不正は起きにくい」という見解を示した。

また、位置情報取得を許可することで、現在地周辺の「LINE Pay」対応店舗をマップ上に表示可能だ。検索窓から入力し、行きたい場所にある対応店舗を探すこともできる。さらに、これまで「LINE Pay」ホームページで提供していた使えるお店一覧をアプリ内にも搭載し、キャンペーンによる割引や還元実施中のお店やクーポンのあるお店などもワンタップで一覧表示できる。

そのほか、保有中のクーポンを選び、スワイプして決済画面を表示するだけで、「LINE Payクーポン」を利用可能だ。なお、2018年12月から開始した「LINE Payクーポン」は550万のダウンロードがあったという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP