山東新北洋信息技術、クレーン技術を使用した自販機でさまざまな製品に対応

2019年8月14日8:30

山東新北洋信息技術(Shandong New Beiyang Information Technology Co., Ltd.)は、従来の日本のUFOキャッチャーなどでも使用されているクレーンの技術を使った自動販売機を展開しているという。同社のビジネスについて、話を聞いた。

市場の8割の製品を設置可能

山東新北洋信息技術の製品は、雑貨店で販売している商品なども含め、80%の商品を設置することができるという。

山東新北洋信息技術 销售副总 王光氏

同クレーン技術は中国でトップクラスのシェアとなるそうだ。同社のグループではクレーン会社もあり、故障率も抑えている。

山東新北洋信息技術 销售副总 王光氏は、「従来の日本の自動販売機では、販売するものは制限されますが、弊社の商品はマイクロコンビニのような形で、どんな商品も設置することができます。また、商品の調整も行いやすいです」と説明する。

現状は、ショッピングモール、空港、学校、病院などに同社製品が設置されている。すでに日本の自動販売機メーカーなどと話を進めているそうだ。また、北京の空港ではリフォームを行っているが、その後は同社の製品が設置される。

今後は、コンビニエンスストアと同社製品が共存していくとみる。「中国では、上海などの大都市では24時間対応のコンビニエンスストアはありますが、それ以外では少ないです。昼は壁として使い、夜10時以降は商品として販売するなどが考えられます」(王光氏)。すでに米国のスーパーマーケット、中国のローカルなスーパーなどと提供を進めている。

グループで無人販売を強化

決済対応としては、AlipayやWeChat Payといったモバイル決済が中心となるが、空港では小銭が使用できる製品を設置している。また、認証手段としては、Face ID、指紋、手のひら認証なども用意している。

なお、同社グループではクレーンに加え、ロッカーも製造しているため、グループで無人販売を強化しているという。年末まで9.3億人民元を投入して生産を強化するそうだ。

国際展開として、日本は自動販売機が普及しており、市場は飽和状態だ。そのため、海外展開のメインは米国と欧州になるとした。米国ではすでに2件、提携しているという。

※2019年4月25日~27日まで開催された「China International Self-service, Kiosk and Vending Show 2019」(CVS)において

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP