Origamiが目指す金融サービスプラットフォームとは?決済に加えてポイントやCRM機能をオープン化

2019年9月30日8:00

モバイル決済サービス「Origami Pay」を提供するOrigamiは、2019年9月27日に「Origami Conference 2019」を開催し、金融プラットフォーム「Origami Network(オリガミネットワーク)」の始動、データ活用を行う「Origami Technologies(オリガミテクノロジーズ)」のスタート、融資・投資・保険などを提供する「Origami Financial Services」の設立など、新戦略を発表した。

金融プラットフォーム「Origami Network」で決済機能をパッケージ化

当日は、まずOrigami 代表取締役社長 康井義貴氏が登壇。Origamiでは、決済データの提供に加え、ビッグデータの活用に力を入れていくとした。新たに発表した「Origami Network」は、パートナーに対して決済機能の提供、決済データの還元に加え、今後は企業の独自ポイントを利用できる機能や、顧客管理(CRM)機能をオープン化するものだ。

Origami 代表取締役社長 康井義貴氏

「Origami Network」を採用する企業は、自社の顧客基盤を維持・拡大しながら、消費者データの把握、企業のCRMの活用など、デジタルトランスフォーメーションを推進するためのデータの利活用や、必要に応じた企業間のデータの連携を戦略的に進めることができるとしている。データは提供先の企業とOrigamiで共有する。

企業にとっては、自社で展開する〇〇カードを、〇〇Payに無償でアップデート可能だ。決済テクノロジー、加盟店インフラ、セキュリティ、金融機関の口座接続など、決済機能をパッケージで提供することにより、面倒なカスタマイズを削減でき、従来よりも短期間でサービスの提供が可能となる。

まずはエスパルス、大分フットボールクラブ、大垣共立銀行、カフェ・カンパニー、すかいらーくホールディングス、第一生命保険、東京証券取引所、公益財団法人浜松・浜名湖ツーリズムビューロー、Peach Aviation、FiNC Technologies、フジテレビジョン、ペイミー、マネーフォワード、吉野家などの賛同を得て、企業のデータ利活用を行う。

消費者にとっては、Origamiのサービスと各企業のサービスを統合した形で利用することができるようになり、普段使い慣れた各企業のアプリで、そのまま決済を行うことやお得なクーポンを受け取ることができるようになる。

「Origami Technologies」でDX推進

また、新規事業「Origami Technologies(オリガミテクノロジーズ)」を開始する。AI・IoT・ビックデータなどのデジタル技術やデータ活用することで、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」を目指した取り組みを推進していく。「Origami Network」のパートナー企業との提携に向けた検討等を通じ、データの蓄積・処理・分析など、データの効果的な活用を進めていくことが目的だ。具体的なサービス内容の詳細等は、今後、順次発表する。

消費者目線で付加価値の高いサービスの提供を目指す

Origamiでは、金融機関や加盟店に、消費者目線で付加価値の高いサービス提供を目指しているそうだ。Origami Payの現状として、ヴァリューズによるキャッシュレスサービスのアクティブ率の調査においてOrigami Payのアクティブ率は80%となった。

消費者目線でのサービス提供を強調するOrigami 取締役 / 社長室 ディレクター 桑原智隆氏
Origami Payの現状について説明するOrigami 事業開発ディレクター 伏見槙剛氏

Origamiでは全国の銀行と連携した取り組みを行っており、中でも信用金庫との連携に力を入れている。信金中央金庫 専務理事 須藤浩氏によると、信用金庫によるOrigami Payの導入加盟店は右肩上がりで、1年で日本のコンビニエンスストアの店舗数6万店舗を上回る7万店舗を獲得している。信用金庫では、自治体との連携や地域イベントなども実施。さらに、口座と直結した「しんきんPay」により、日常に溶け込むキャッシュレス化を目指すとした。

また、地域の金融機関や観光協会と協力し、「地域活性化型キャッシュレス」を進めている。たとえば、Peach Aviation、鹿児島県と協力し、奄美群島を盛り上げる「奄美群島応援団」を発足した。Peachでは、奄美群島のみで使えるOrigami Payのクーポンを客室乗務員などから直接配布。取得したクーポンは、奄美群島でのみ使用可能だ。

左から、Peach Aviation 執行役員 轟木一博氏、康井氏、信金中央金庫 専務理事 須藤浩氏

消費者へのサービスとして、Origami Payの通常割引3%(クレジットカード連携は1%)に加え、10月からのキャッシュレス・消費者還元事業の5%により、最大8%還元の提供となる。また、加盟店についても、キャッシュレス・消費者還元事業により、10月1日以降の新規加盟店は、決済手数料が0%となるキャンペーンを実施。さらに、キャッシュレス推進協議会が策定した統一QRコードの「JPQR」にもいち早く対応した。

Origami Payでは、クーポンを活用した店舗支援も積極的に展開している。Origami 事業開発ディレクター 伏見槙剛氏は、日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)と2019年2月に実施したキャンペーンの取り組みを紹介。KFC直営の導入店では、キャンペーン期間中、来店客が10%増加し、Origami Payの決済件数も40倍に増加したとした。

不正使用対策としては、2段階認証と端末認証をすることで、消費者側の不正を抑止している。また、Origami自身も24時間365日の不正監視を実施。仮に不正が発生した際、消費者のOrigami Payを全額保証する支払い金額上限を、制度としてより明確化した。

「Origami Wallet」「Origami Card」「Origami Credit」「Origami Insurance」など総合金融サービスプラットフォームが形に・・・

Origami Financial Services CEO 正木美雪氏

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP