仮想化やフォレンジックの動向について勉強会を開催(PCI SSC PO Japan連絡会)

2011年9月7日8:00

PCI SSC PO Japan連絡会は、2011年9月5日、仮想化やフォレンジックに関する最新動向についての勉強会を開催した。

ビジネスアシュアランス 栗田晴彦氏(左)とPayment Card Forensics 代表取締役 野崎周作氏(右)

今回の勉強会では、2011年6月にPCI SSCからリリースされたガイドラインである「Information Supplement:PCI DSS Virtualization Guidelines」をベースに、ビジネスアシュアランス 栗田晴彦氏がQSA(認定セキュリティ評価機関)としての実経験に基づいた仮想化技術導入上の留意点を紹介した。

仮想環境の利用は、多くの企業で避けては通れないものとなっているが、その反面、新たなセキュリティリスクが発生する。PCI DSSの基準でもVersion 2.0からは、仮想環境での利用が具体的に明示された。同氏は、ガイドラインに記載されている11のリスクを説明したうえで、その対策として「セキュリティレベルに応じた仮想ホストの分離」「ハイパーバイザのセキュリティ管理の徹底」「仮想化の運用ルールの作成と周知」を挙げた。

続いて登壇したPayment Card Forensics 代表取締役 野崎周作氏は、不正アクセスや機密情報漏えいなどが起こった際に、原因究明や調査に必要な機器や電子的記録を収集・分析する手段であるフォレンジックについて解説した。

Payment Card Forensicsはコンピュータフォレンジックで実績を持つUBICとQSAの国際マネジメントシステム認証機構の合弁会社である。同社は6月にPCI SSCから、日本企業として初めて、アジア太平洋地域で活動するペイメントカードの情報漏えい事件のフォレンジック調査機関(PCI Forensic Investigators:PFIs)として承認を受けている。

今回の勉強会は、PCI SSC PO Japan連絡会の会員だけでなく、PCIDSSに関わるプレイヤーも参加した。次回は11月にカード情報に置き換わる別の数値(乱数)で情報処理を進める「トークナイゼーション」の基礎と8月にPCI SSCから発表された「PCI DSS Tokenization Guidelines」の解説、北米と欧州で開催されるPCI DSS年次総会の話題などについての勉強会を行うという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP