2010年9月15日8:20

PCI DSS対象範囲の特定(2)

ネットワークセグメンテーションの例を示す。右図には、社内にインターネットに接続されたシステムがあり、データベースにカード会員データを保管してあるような環境を想定している。

この形式の内部ネットワーク(INTセグメント)に、メンテナンス用のPCが何台か接続され、さらに通常業務のPCもつながれていれば、「フラットネットワーク」としてカード会員データ環境用に含まれてしまう。このケースは実際によくある。

PCをすべてフラットなネットワークに置く必要がないのであれば、メンテナンス用PCはネットワークを分離すればいい。ファイアウォールを置いてメンテナンス用のネットワークセグメントと、いわゆる通常業務のパソコンのネットワークをセグメンテーション(分離)する(※点線囲み)。もちろん通常業務用のネットワークセグメントからカード会員データ環境にアクセスできないファイアウォールのポリシーになっていることが前提となるが、これでリスクはメンテナンス用のPCに限定され、通常業務用のPC、ネットワーク、その利用者の教育などPCI DSSに準拠するコストが削減できる。つまり、ネットワークセグメンテーションは、リスクとコストを下げる有効な手段なのである。

仮に現有のカード会員データ環境は広くても、ネットワークセグメンテーションにより狭めることが可能だ。具体的な対象範囲の決め方だが、オンサイト監査を受けている場合は、一般的には監査の前に予備調査の工程が設けられるため、ここで線引きすることが多い。自己問診の場合は、契約するアクワイアラもしくは準拠支援のコンサルティング会社などとの協議で決定する。

リスクとコストを下げるには、カード会員データを扱う環境を、どんどん狭めていくことだ。究極のリスク低減は、データそのものを持たないこと。リスクゼロである。非対面の加盟店が選択する方法の1つとして、インターネット決済代行事業者が提供する「非保持(画面遷移型)」サービスの利用が挙げられる。この形式のサービスでは、すべてのカード会員データを決済代行事業者に預け、加盟店は所有しない。

続きを読む⇒⇒⇒PCI DSS対象範囲の特定(3)へ

前に戻る←PCI DSS対象範囲の特定(1)へ

※本記事は「PCI DSS Version1.2徹底解説」の一部分をご紹介したものです。

■「PCI DSS Version1.2徹底解説」の短期連載目次

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP