スマートフォン決済を加速するAmexの戦略~Serveをベースに顧客利便性を追求

2011年10月3日8:00

スマートフォン決済を加速するAmexの戦略
☆☆☆ Serveをベースに顧客利便性を追求 ☆☆☆
The Road to Smartphone Payment

日本カードビジネス研究会 代表 佐藤 元則

Amexのスマートフォン決済にかける情熱はすさまじい。生残りの鍵はスマートフォン決済だ、といわんばかりの勢いである。2011年に入ってから、連射砲のように新企画を撃ちつづけている。

3月10日、foursquare(フォースクエア)と位置情報特典サービスの実証実験開始。
3月28日、次世代電子決済プラットフォーム「Serve(サーブ)」を発表。
4月12日、モバイル決済事業者Payfone(ペイフォン)に出資。
6月12日、AOLのローカルコミュニティサイト「Patch(パッチ)」と提携。
6月23日、foursquareの位置情報特典サービスを全米に拡大。
7月18日、携帯キャリアのSprint(スプリント)と提携。
7月19日、Facebookでリウォーズサービス「Link, Like, Love」開始。
7月19日、Facebookで中小加盟店向けサービス「GoSocial」開始。
8月1日、携帯キャリアのVerizon(ベライゾン)と提携。

一見しただけでは、これらすべてがスマートフォン決済に関するものである、ということはわからない。しかし、次世代電子決済プラットフォームのServeを中心において読み解けば、なるほどすべてが連関していることがわかる。

Payfone出資、SprintやVerizonとの提携、そしてFacebookの「Link, Like, Love」は、スマートフォン利用者に向けたサービスの拡充だ。

いっぽう、foursquareやPatchとの提携、そしてFacebookの「GoSocial」はスマートフォン決済ができる加盟店ネットワークの整備が目的である。

取扱高はまだほとんどない。インフラも十分整備されていない。そんなスマートフォン決済分野に、なぜAmexはこれほどまで闘志をたぎらせているのだろうか。

●金融危機の打開策は手数料収入拡大

チャンスは思わぬところからやってくる。そこに明確なビジョンとアクションがあれば。

2008年のリーマンショックでAmexは大きな痛手を受けた。債券市場や証券市場が機能不全におちいり、資金調達がむずかしくなった。公的資金の注入も検討したほどである。

その際打ちだしたのが、金利収入モデルを凍結し、手数料収入の拡大に注力することだった。一括払いのチャージカードとリボルビング払いのクレジットカードの両方を発行するAmexは、クレジットカードのブレーキを踏み、チャージカードのアクセルを踏込んだ。

「チャンス(運任せのカード返済)をとらず、チャージ(一括払い)をとろう(Don’t Take Chances, Take Charge!)」というキャッチフレーズは、2009年秋に打ちだしたキャンペーンテーマ。Amexの戦略を端的に表現している。

金融危機下で瀕死の財政状況にあったAmex。普通はリストラ一辺倒になる。日本の金融機関もそうだった。しかし、Amexはリストラに加え、手数料収入を拡大するマーケティングやニューペイメント分野への積極投資を忘れなかった。

■続きはNCBレポート2011年10月号で

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP