2015年5月22日7:00

非接触IC決済の先進国、オーストラリアの現状は?
コンタクトレスによる決済が5割を超え、HCEによるNFC決済が普及の兆し

オーストラリアは世界で最も非接触IC(コンタクトレス)決済の比率が高い国であるといわれている。実際、オーストラリアの関連企業に話を伺うと、非接触IC決済の比率は50%もしくは60%という声が聞かれた。また、NFCによるモバイルペイメントにも大手イシュア(銀行)がこぞって取り組んでいる。

半数以上の加盟店で非接触決済が可能
非接触IC決済の告知は「Tap&Go」を訴求

現在、VisaやMasterCardのクレジットカードを発行する銀行(イシュア)は、コンタクトレス搭載のカードを発行している。現地の2大スーパーマーケットといわれるコールス(Coles)とウールスワース(Woolworths)を筆頭に、カフェやファストフード、タクシーなどで非接触ICカードによるスピーディーな決済が利用可能だ。イシュアにより基準は異なるが、A100ドル未満はサインレスで支払いが可能で、100ドル以上はタッチ&PINになるそうだ。

街中の店舗ではコンタクトレス決済が数多くの店舗で可能となっている
街中ではコンタクトレス決済が数多くの店舗で可能となっている

決済については、VisaのVisa payWave、MasterCardのMasterCard PayPass(グローバルではMasterCard Contactless)に加え、American Expressのコンタクトレス決済も利用できる。

また、オーストラリアでは、銀行が発行するキャッシュカードを決済に利用できる「エフトポス(EFTOPS)」が日常的に利用されているが、同カードでもコンタクトレス決済がスタートしている。

オーストラリアでコンタクトレス決済が浸透した理由については、カードへの搭載が進んだことに加え、半数以上の加盟店で実際に利用できることが挙げられる。また、現地の生活者に話を伺ったところ、Visa payWave、MasterCard PayPassといった決済ブランドとしての認知よりも「Tap&Go(タップ・アンド・ゴー)」というイメージが強いということだった。実際、テレビのコマーシャルなどでも「Tap&Go」を訴求しており、簡単にかざすだけで支払いができることをPRしている。

なお、オーストラリアでは、決済端末としてインジェニコがトップシェアとなっている。実際、街中でもインジェニコ製の端末を見かけることが多かった。また、インジェニコやベリフォンの端末は、一台の筐体で接触ICカードの取引も非接触の取引も可能となっている。日本における決済時には、非接触決済で支払う場合、店員に支払い手段を告げてから決済を行うが、オーストラリアでは特に非接触の支払いであることは言わなくても、カードをかざせばそのまま支払いが可能だ。

非接触ICカードの普及率の高さをベースにNFCでもリードか?
接触ICカードによる「Chip&PIN」取引が進む

また、オーストラリアでは、コモンウェルス銀行、ウエストパック銀行、ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)といったトップクラスのイシュアがNFCの非接触決済に取り組んでいる。まだ初期の段階だが、たとえば、コモンウェルス銀行ではNFCのホスト・カード・エミュレーション(HCE)を利用した決済サービスをトークナイゼーションと組み合わせて提供している。非接触決済が普及している環境ということもあり、「NFCにおいても世界をリードすることができる」と期待する関係者は多かった。

コモンウェルス銀行のNFCモバイルペイメントはHCEとトークナイゼーション技術を利用している(Cards&Payment AsiaのG&Dブース)
コモンウェルス銀行のNFCモバイルペイメントはHCEとトークナイゼーション技術を利用している(Cards&Payment AsiaのG&Dブース)

そのほか、オーストラリアでは、接触ICカードによる「Chip&PIN」取引が進んでおり、不正利用の減少で成果をあげている。オーストラリアのAPCA(Australian Payments Clearing Association)によると、現地で増加傾向にあったカード偽造やスキミングによる不正が、2011年度以降は減少するなど、成果をもたらした。

なお、ペイメントナビでは、現地のイベント「Cards&Payment Australia」など、オーストラリアの決済事情について、「アジア・パシフィックエリアの決済ビジネス」特集で紹介する予定だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP