世界各国で利用できる決済サービス実現に向け協業(トッパンフォームズ/日本HP)

2011年2月15日12:25

トッパンフォームズと、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2011年2月15日、電子マネーなど、非接触型ICカードを使った決済プラットフォームサービス事業で協業すると発表した。

トッパンフォームズの非接触型IC向けのシステム機器開発技術と、日本HPの「FeliCa」ICチップにアクセスするミドルウエア「HP IC-Chip Access Server for FeliCa(ICAS)」を活用し、電子マネー決済プラットフォームをクラウドサービスとして提供する。

トッパンフォームズは「FeliCa」などに対応する近距離無線通信の世界標準規格NFCに準拠した製品の開発・販売を行ってきた。また、日本HPは、フェリカネットワークスからライセンス許諾を受け、ネットワーク経由で「FeliCa」ICチップにアクセスでき、決済処理のできるミドルウエア「ICAS」を開発している。

今回両社が協業し提供するクラウドサービスにより、電子マネー事業者や、小売店、通販会社などの販売事業者は、大きな負担なく、非接触型ICカードを使った決済システムを導入できるようになるという。なお、サービス提供にあたり、トッパンフォームズは「電子機器メーカーとの協業によるNFCリーダーライターをベースとした決済端末の開発」および「決済事業者との協業による加盟店管理・開拓などのアクワイアリングサービスの提供」を行い、日本HPは「ICASをベースとした決済クラウドシステムの開発・運用」を行う。

トッパンフォームズは2月7日付けで新事業設立準備室を発足し、日本HPがこれに参画。当面は非接触型IC技術として電子マネーなどで広く利用されている「FeliCa」を利用した電子マネー決済サービスを中心に構築を行い、2011年10月にサービスの提供を開始する予定だ。また将来的には、米HPが世界22カ国で6,800万人のカード会員に提供しているクレジット決済プラットフォームサービス「Regional Cards and Payments Utility」との連携も予定しており、非接触IC方式のクレジットカードによる決済も同一の端末で行えるようになるという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP