顧客をいざなうコンテンツ・マーケティングの法則

2013年7月26日8:00

月刊「アイ・エム・プレス」Vol.207

顧客をいざなうコンテンツ・マーケティングの法則

総 論:顧客を創造する中長期的な取り組みが求められる

コンテンツ・マーケティングは、自社商品の優位性やメリットを訴求して購買を訴求する従来のマーケティングとは一線を画すものであり、その取り組みには大胆な発想転換が不可欠だ。求められるのは、顧客にとって有用な情報を提供することに徹し、中長期的な視点で顧客を創造する姿勢であろう。

“売れない”時代に対応した新たなマーケティング手法

最近、「コンテンツ・マーケティング」という単語をよく見聞きするようになってきた。

新しいマーケティング手法であるだけに、その定義は確立しているとは言えないが、“ 直接的に販売を訴求するのではなく、さまざまなコンテンツを通じて顧客にとっての商品・サービスの価値を啓蒙していく”マーケティング手法を指すと考えてよいだろう。

なぜ近年、コンテンツ・マーケティングに注目が集まっているのか。その根底にあるのは、現代がモノが“売れない”時代であることだ。

すでにたいていの市場は飽和状態にあり、生活者の価値観の多様化によって「隣の家が買ったからウチも」といった付和雷同的な購買行動もめっきり減った。また、インターネットが普及し、ソーシャルメディアの台頭によって多くの生活者が情報の収集力・発信力を手にした今、TVCMに代表される従来型のペイド・メディアの存在感は相対的に薄まり、企業の論理に基づくメッセージが顧客の購買行動に与える影響力も目に見えて低下している。

コンテンツ・マーケティングは、このような状況の中で企業が情報発信のあり方を変えようとする試みであると言える。具体的には、“企業が発信したい”メッセージを発信するのではなく、さまざまな興味や関心、さらには購買行動の各段階に応じて、それぞれの“顧客が必要とする”情報を取りそろえ、顧客が自分からアクセス・取得しやすい環境を用意することで、押し付けにならないかたちで商品・サービスの価値を啓蒙していこうというものであり、従来の手法と比較して、より顧客の論理に立脚したマーケティング手法であると言えるだろう。

今回の特集ではB to BかB to Cかを問わず、コンテンツ・マーケティングに積極的に取り組んでいる企業のケーススタディを中心に、そのあり方や成功のためのポイントを探った。

月刊「アイ・エム・プレス」Vol.207 2013年8月号概要

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP