「アルク到津店」でスマートショッピングカート運用実証実験が利用率20%達成(Retail AI)

2020年11月25日18:17

トライアルホールディングス傘下のRetail AIは、スマートショッピングカートを、リテールパートナーズ傘下の丸久が運営するスーパーマーケット「アルク到津店」(福岡県北九州市)に納⼊し、同店で2020年7 ⽉9 ⽇から運⽤実証実験を行っていた。このほど、「アルク到津店」でのスマートショッピングカートの利用率が当初の目標であった20%を達成したと発表した。

スマートショッピングカート(Retail AI)

「スマートショッピングカート」はセルフレジ機能を搭載したショッピングカートとなる。専用のプリペイドカードをカートに登録し、付属するタブレット端末を操作することで、通常のレジをスルーし、キャッシュレスで会計を済ませることができる。また、売場でスキャンした商品に応じたレコメンド機能やその場で使えるクーポンを表示可能だ。レジ待ちの時間を短縮すると共に店舗オペレーションの省力化を実現するという。

利用率20%達成により、有人レジ1台分のお客様の決済をスマートショッピングカートで代替できる計算になり、スマートショッピングカート導入の費用対効果がリテールパートナーズ社の基準をクリアしたそうだ。また、スマートショッピングカート利用者の月間買上額が導入前後で7.0%増加したほか、は有人レジと比べた生産性は14.9%高い結果が出ている(※有人レジ1時間あたり客数に対する、スマートショッピングカート1時間あたり客数を比較)。実証実験におけるこれらの好結果と若干の課題を踏まえさらなる生産性の向上を目指すリテールパートナーズ社では「アルク到津店」でのスマートショッピングカート運用継続に加え、福岡県の別店舗へのスマートショッピングカート導入(2021年4月予定)を計画している。

なお、スマートショッピングカートは、トライアルグループが運営する店舗ではすでに23店舗で合計約2,500台が稼働している。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP