KDDI、「au PAY」を軸にグループの決済・金融領域はコロナ禍でも順調に拡大

2020年12月1日8:00

KDDIは、2020年11月30日に「au決済・金融サービス発表会」を開催した。au携帯とセットで住宅ローンの金利を引き下げる「住宅ローンauモバイル優遇割」を提供するとともに、「au PAY ゴールドカード」の特典を改定した。また、12月1日からは、スマホ決済サービス「au PAY」を利用すると、最大20%のPontaポイントを還元する「たぬきの大恩返し」キャンペーンを実施する。

左からauフィナンシャルホールディングス 代表取締役社長 勝木 朋彦氏、KDDI 代表取締役執行役員副社長 東海林 崇氏

住宅ローンとスマホのセットで金利が年最大0.1%引き下げ

新サービスについては、auフィナンシャルホールディングス 代表取締役社長 勝木 朋彦氏が説明。まず、KDDIとauじぶん銀行は、2021年3月1日から、 国内初となるau携帯とセットで利用すると住宅ローンの金利を年0.07%引き下げる「住宅ローンauモバイル優遇割」を提供する。また、KDDIが提供する「じぶんでんき」とセットで利用することにより住宅ローンの金利を年0.03%引き下げる「住宅ローンじぶんでんき優遇割」との重畳が可能となり、これらを合わせると「住宅ローンau金利優遇割」として住宅ローンの金利が最大年0.1%引き下げとなるそうだ。変動金利 年0.310%、 固定金利(10年) 年0.440%となり、住宅ローン業界において最低水準の適用金利を実現するという。

例えば、年0.1%の引き下げの場合、借入金額3,000万円、借入期間35年間の場合、湯住宅ローン完済までの総返済額は約55万円お得になるとした。

「au PAY ゴールドカード」の特典を充実

「au PAY カード」「au PAY ゴールドカード」は、5月21日から、au通信サービスを利用していない人からの申し込み・利用が可能になった。また、「au PAY カード」の特典として、au通信サービスの契約の有無に関わらず年会費が無料となり、「au PAY カード」からau PAY 残高にチャージした時のPontaポイントの還元を、従来の0.5%還元(200円/1ポイント)から1%還元(200円/2ポイント)へと変更している。

これに加え、今回は「au PAY ゴールドカード」の特典を充実させる。具体的には、ゴールドカードを利用者は、 au携帯電話やauひかり/auひかりちゅらなど通信料金の11%のPontaポイントの還元に加え、au PAY マーケット購入金額の8%(最大17%)、 auでんき利用料金の3%(最大11%)、都市ガス for au利用料金の3%、ゴールドカードを利用しau PAY 残高にチャージすると2%のPontaポイントの還元する。また、家族カードを保有する場合は、家族のau携帯電話の通信料金の11%のPontaポイントを1年間還元するゴールドカード限定の「家族カードキャンペーン」を開始するそうだ。

最大20%のPontaポイントを還元するキャンペーン実施

12月1日から2021年3月まで毎月、「au PAY」を利用すると、最大20%のPontaポイントを還元する「たぬきの大恩返し」キャンペーンを実施する。第1弾となる12月は、マツモトキヨシやほっともっと、オーケーで買い物すると20%のPontaポイントを還元するキャンペーンなど、おトクな4つのキャンペーンを開催する。2021年1月にはスーパーマーケット、2月にはドラッグストア、3月には飲食店での20%還元キャンペーンも計画している。キャンペーンは全国約100万カ所の店舗が対象となる。

また、2021年1月~2月に、ローソン銀行ATMでのau PAYチャージで5%増量キャンペーンを実施。さらに、2月から3月頃。ローソンとはPontaポイント最大20%還元のオリジナル企画を予定している。

au PAYはキャンペーンを機に大きく成長、加盟店も拡大

グループの決済・金融サービスの現状については、KDDI 代表取締役執行役員副社長 東海林 崇氏が説明した。KDDIでは2008年にじぶん銀行を設立して以来、さまざまな分野で金融事業を行ってきた。2020年5月21日から、KDDIのポイントサービスをau WALLET ポイントから「Pontaポイント」に統合している。現在、au PAYを中心にスマートマネー構想を推進。2020年2月~3月に総額70億円規模のキャンペーンを実施したが、これをきっかけにau PAYの利用者は大きく伸長した。会員数は2,450万を超え、決済回数もキャンペーン前の2.5倍まで拡大している。KDDIでは、au PAYの利用は今後さらに拡大するとした。

ただ、au PAYはコード決済のため、より多くの人に利用してもらうためには、使える店舗を如何に増やしていくのかが重要だ。2020年10月時点で、ポイント・決済加盟店数は270万を突破しているが、現在も急ピッチで加盟店網の拡大に努めている。

au PAYの利用の拡大はその他の金融サービスの利用促進にもつながっている。例えば、au PAYカードのチャージ額は2019年10月から1年間で6倍になっている。au PAYのチャージ方法として、au PAYカードからau PAYに支払うと、合計1.5%のPontaポイントが貯まるため、大変お得だとした。

グループのauじぶん銀行では、スマホ1つですべてのサービスが使える銀行にこだわってきた。現在、預金口座数は410万口座を突破。auじぶん銀行では、住宅ローンの融資実行額が2019年5月に5,000億円に到達してから、わずか1年4カ月で2倍に拡大している。

また、2014年に提供開始したau PAYカードは,au通信サービスを利用していない人も利用でき、会員数は600万人を突破している。

KDDIの金融サービスは順調に拡大しており、当初は2022年3月に6兆円超を目標としていたが、計画より2年早く達成している。特に今年になってからコロナ感染症のリスク対策として、キャッシュレス需要が高まった。また、オンラインで完結するネット金融需要が出てきており、上期には4兆円を超える実績となった。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP