デジタル地域通貨「chiica」をブロックチェーンで運用(トラストバンク)

2021年4月2日7:50

トラストバンクは、2021年4月1日から、デジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」の決済基盤を、トラストバンクの子会社であるOrbが提供する「Orb DLT(オーブディーエルティー)」を活用して、ブロックチェーン技術で提供開始すると発表した。これにより、「chiica」のセキュリティやスケーラビリティの向上を実現するという。

「chiica」イメージ(トラストバンク)

2019年5月よりサービスを開始した「chiica」は地域内経済循環、地域課題の解決策として地域独自のデジタル通貨を発行し、運用可能な全国統一のプラットフォームサービスとなる。「chiica」では、地域別に通貨の発行や加盟店登録、売上・払込管理ができる。スマートフォンアプリと、スマートフォンが苦手な人でも利用できるカードの2種類のタイプがあり、併用も可能だ。現在、全国27自治体が導入している。

「chiica」は、決済基盤をブロックチェーン技術にて提供を開始したことで、暗号化や分散台帳により情報の改ざん耐性が高く、システムの可用性も向上するなど、より高いセキュリティ環境を実現するそうだ。また事業者間の送金など、さらに地域経済循環を活性化させる柔軟なサービスの提供が可能になるという。

「Orb DLT」は、分散型台帳技術(DLT)を用いた、デジタル通貨発行プラットフォーム。 さまざまな性格の通貨を発行し、実店舗などでの決済やユーザー間の送金などに利用することが可能だ。

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP