アジア太平洋地域でデジタル・ファースト・プログラム強化(Mastercard)

2021年4月22日16:31

Mastercardは、オンラインでの買い物やネットバンキングに対する需要が高まる中、よりシームレスで安全なデジタル決済の選択肢を提供するため、最先端のパートナー企業とともにアジア太平洋地域でデジタル・ファースト・プログラムを強化すると発表した。

Mastercardによるデジタル・ファースト・プログラムでは、決済処理業者、 フィンテック、 決済カード発行金融機関、その他のMastercardのパートナー企業に向けてガイドラインを提供することで、Eコマース、ネットバンキング、コンタクトレス(非接触)取引などの安全性、セキュリティ、利便性を最大限に向上させ、エンドツーエンドのデジタル決済のオプションを大規模に展開する。

即時発行を実現するMastercard Processingプラットフォームを含む、Mastercardのグローバルネットワークのスピードとセキュリティに支えられたデジタル・ファーストは、消費者にオンラインでの申し込みのしやすさ、ショッピングでの利用開始までの迅速さ、柔軟で安心な買い物体験、そして、スマートフォンやスマートウォッチなどのデジタルデバイスを使用したデジタルカードでの支払いや銀行口座からの直接支払いなどの選択肢を提供するそうだ。さらに、消費者の支払いカードに配置したQRコードを送信者がそれをスキャンすることで、安全かつ簡単に選択した口座への資金送金を可能にする、Mastercardの「QR on Card」をはじめとする革新的な支払い方法を提供しているという。

「デジタル・バイ・デフォルト(デジタルを初期設定とする)」という消費者意識は急速に定着しつつあり、Mastercardの調査によると、オーストラリアで30%、インドで49%、 中国で55%、そして日本では34%の人が今後オンラインでの購入が増えると回答している。 また、コンタクトレス(非接触)決済への移行に関しては、オーストラリアで71%、インドで77%、中国で73%、そして日本では62%と、大多数の人が今後定着していくと考えているそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP