2021年5月18日8:00

キャッシュレス化の流れに伴い、今年も加盟店のEMV対応が進んでいる。EMV対応のためのブランド認定試験は欠かせないが、ほぼ加盟店への設置が可能な状態で実施しなければならないにもかかわらず、開発半ばのような状態でテストを行いその結果テスト結果の信頼性に疑問を呈することがある。予めいくつかのポイントを押さえておくことでテスト期間を短縮してブランド認定試験を完了することができ、またスムーズな本番運用が行えると思われる。弊社が対応した直近の事例を元に、2回に分けて端末側について解説する。

Fime Japan

端末画面インターフェースの5つの問題点、記事のポイント!
①メニュー操作を液晶画面から行うか、キーパッドから行うか(比較的小型端末の場合)
②「お待ちください」の表示
③暗証番号の扱い
④多言語化
⑤非接触EMV取引時の処理

●端末画面のユーザーインターフェース

決済金額を確定してからカードを挿入(またはタッチ)して処理を行うまでの流れでどのようなメッセージを出すか、音を出すか、色を変えるか等の一連のユーザーインターフェースの構築は重要であり、加盟店側のポリシーが色濃く出るところである。ブランド認定試験の条件だけを見ればごく簡潔に書かれているが、実際にテストを行うと以下のような点が問題となってくる。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP