日産自動車がクラブアリアでデジタル化実現、クレジットを含むすべての契約がオンラインで完結へ

2021年6月7日7:40

日産自動車(日産)は、2021年6月4日、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の日本専用特別限定車「日産アリア limited」を発表し、新たに開設したグローバル統一の予約サイトを通じて、日本国内での予約注文を開始した。当日は、「日産 アリア」の日本専用 特別限定車を公開するとともに、新たなデジタルマーケティングについて紹介した。

最新のデジタルのテクノロジーを追加
利用者1人1人にあった購入体験提供へ

利用者は、専用の会員サイト「クラブアリア」に入会することで、購入検討、予約注文、商談などをデジタル上で行うことが可能だ。日産では、オンラインとオフラインを融合した取り組みで、アリアの魅力を伝えていくという。

日産は、2020年夏に世界にむけて発表した「日産 アリア」の日本専用 特別限定車を披露した。当日はまず、執行役副社長 星野 朝子氏が登壇。日産が培ってきた電気自動車のノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたクロスオーバーEVであるアリアの魅力について説明した。

執行役副社長 星野 朝子氏

日産は、今回の「日産アリア」予約注文の開始で、デジタルシフトに対応するため、日産初となるグローバル共通のアリア専用予約サイトを開設。同取り組みについて、Japan-Aseanデジタルトランスフォーメーション部 部長 山口稔彦氏が紹介した。日産では、さまざまなサービスを単純にオンライン化するだけでは顧客ニーズに応えるのは難しいと考えているそうだ。最新のデジタルのテクノロジーを追加し、融合することで、新たな購入体験を提供する思いで専用の会員サイト「クラブアリア」を開発したという。世界的にデジタル化の波が押し寄せ、企業のデジタルシフトが進み、さらに顧客の購買行動も多様化してきた。特に昨年の新型コロナウィルス感染拡大以降、この潮流はさらに加速している現状だ。この流れは、自動車業界も例外ではないという。

Japan-Aseanデジタルトランスフォーメーション部 部長 山口稔彦氏

例えば、「自分のペースでオンライン購入を検討したい」「好きなタイミングで質問したい、回答してほしい」「もっと気軽に展示車を見たい、試乗したい」「販売店に行かなくても実感できるコンテンツを用意してほしい」「すべての購入プロセスをオンラインで完結したい」といったニーズが出てきている。そこで「場所や手段にとらわれない革新的なオンライン購入体験」がアリアのコンセプトとなっている。これまで提供してきたさまざまなサービスに加え、オンラインの最新テクノロジーのサービスを加えて、「お客様に一人一人に合った最高の購入体験を提供したいと考えています」と山口氏は意気込む。

「クラブアリア」は、オンライン、オフラインをまたがるさまざまなコンテンツやサービスを利用者に提供するハブとなって機能する。利用者は、「クラブアリア」上から自由に購入体験を楽しむことが可能だ。

オンラインで実車の感覚を楽しめる「VIRTUAL ARIA」
AR提供で自宅や街並みに車を止めたシーンを想定

オンライン機能では、「THE ARIYA MAGAZINE」を用意。同コンテンツではアリアの開発秘話や開発者の熱い想いはもちろん、アリアのライフスタイル、アリアが生活にどのような変化をもたらすのか、といったアリアのある生活をイメージできるコンテンツを目指している。

また、「VIRTUAL ARIA」では、高精細な3D画像を使って、オンラインで実写に近い形でコンテンツを楽しむことが可能だ。ズームイン、ズームアウト、好きな角度から車を見ることができる。また、オプショナルパーツの装着、色を変えるなども可能だ。ドアを開けることもでき、オプションサービスの詳細を閲覧できる。また、バーチャル上で車に乗り込んで、内装の細部をチェックしたり、イクグニッションを押して立ち上がりの挙動を楽しむことも可能だ。各シートに座った視界もイメージできる。さらに、AR(拡張現実)コンテンツも提供しており、自宅の駐車場、近隣の道路に止める、一緒に写真を撮ることなどにより、実際の納車時のイメージを楽しむことが可能だ。近日公開の「VIRTUAL TEST DRIVE」では、実際の試乗コースでは走れないような街並みの中で、ドライブしながら魅力を実感することが可能だ。現場に行かなくても発売前でもアリアの魅力を実感してもらうことができる。

メンバー専用の「ARIA Webinar」では、さまざまな視点を持ったゲストが登場し、セッションを実施。メンバーは登壇者とインタラクティブなコミュニケーションが可能だ。さらに、ワン・トゥ・ワンのビデオチャットも用意。選任オペレーターが利用者の質問に回答する。

オンライン相談、クルマ査定、オンライン契約提供
登録IDでレンタカーやカーシェアもシームレスに利用可能

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP