オールインワンのモバイル型決済端末「A920」を発売(GMO-FG)

2021年9月1日10:41

GMOペイメントゲートウェイの連結子会社で、対面キャッシュレス決済プラットフォームを展開するGMOフィナンシャルゲート(GMO-FG)は、PAX Computer Technology (ShenZhen) Co.,Ltd製の次世代型オールインワン決済端末「A920」(モバイル型)を2021年9月より発売すると発表した。

モバイル型決済端末 A920(GMO-FG)

「A920」は、磁気カードや IC カード対応の接触型カードリーダーと、タッチ決済などで使用される非接触型カードリーダーを搭載している。

さらに、「A920」では、決済端末で通常必要となる①本体、②カードリーダー、③ピンパッド(暗証番号入力端末)の3つの機能が、コンパクトに1つの端末へ集約されているので、省スペース化が図れるだけでなく、移動や持ち運びも容易に行えるそうだ。また、クレジットカードの読み取り端末のセキュリティ基準であるPCI-PTS Ver5.x認定を獲得している。

「A920」ではAndroid OS採用により、決済機能に加えて様々な業務アプリケーションの搭載が可能だ。モバイル型端末(LTE通信モジュール内蔵)としてさまざまなシーンで利用できる。JCCA(日本クレジットカード協会)の定めるクレジットカードの共同利用端末(CCT) として各国際カードブランドの認定も取得しており、店舗での対面販売を軸とするさまざまな規模・業種のクレジットカード加盟店へ提供するそうだ。

今後「A920」は、国際ブランド付きクレジットカード決済をはじめ、銀聯カードや非接触 ICカード決済、さらに日本国内で経済圏を拡張している電子マネー決済事業会社、QRコード決済事業会社、全国共通ポイント事業会社、多通貨決済事業会社等と広範なアライアンスネットワークを構築し、アプリケーションの開発・搭載へ取り組むという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP