Pontaデータから顧客の価値観判別とターゲティングが可能な「PERSONA+」の強みとは?

2021年9月29日8:00

ロイヤリティマーケティング(LM)は、共通ポイント「Ponta」のデータを基に顧客の価値観判別やターゲティングができるマーケティングソリューション「PERSONA+(ペルソナ プラス)」を提供している。同サービスの特徴や実績について、LMに話を聞いた。

ロイヤリティマーケティング ビジネスデザイン部 鈴木沙綾氏

記事のポイント!
①会員基盤拡大でより一層データベースマーケティングに注力へ
②「PERSONA+」の3つの特徴は?
③金融機関での実績が多い
④「+FINANCE」、「+FOOD」提供の背景は?
⑤金融や食以外への展開も見据える
⑥他社にはない強みとは?
⑦さまざまな業界でのリサーチデータをパネル化
⑧拡大推計を精度、さらなる分析の提供を目指す

5万人のPontaリサーチ会員から価値観セグメントを抽出
顧客データの受け渡しなく、価値観判別可能に

Ponta会員数は2021年8月末日時点で1億320万人、提携社数139社(9月1日時点)、利用できる店舗数は25万店舗(5月1日時点)となっている。LMでは、企業理念として「無駄のない消費社会構築に貢献する」を掲げている。その実現に向けて、ポイントを通じて集まるデータを活用することによって、最適な情報を最適な人に届けることを目指している。Pontaは2020年3月に10周年を迎えたが、会員基盤が広がる中で、より一層データベースマーケティングに注力できる状況になっている。

「PERSONA+」は、2020年12月からサービスを提供している。ビジネスデザイン部 鈴木沙綾氏は「企業のマーケティングを支援する中で、Pontaデータの強みとなる顧客の実購買だけではなく、人のコアになる価値観、いろいろなデータを把握して、セグメントの構築、コンテンツの制作、プロモーションまで反映する必要があり、『PERSONA+』を開発しました」と説明する。

「PERSONA+」は、5万人のPontaリサーチ会員に対し、価値観を構成する10の因子を特定する200設問以上のアンケートを実施。その結果をもとに企業の顧客を15の価値観クラスターに分類してペルソナを作成する。さらに、約1億300万人のPonta会員の固有の情報や購買データなどによる拡大推計モデルにより、Ponta会員を価値観でセグメントしている。価値観は、年に4回更新し、5万人のデータも提供から1年を機に更新を予定する。

さらに、既存顧客の価値観を知りたい企業向けに、4設問33選択肢で、価値観を精度70%で判別できるロジックを開発。企業の商品・サービスのニーズや満足度調査に判別ロジックを組み込んだリサーチを、Pontaリサーチパネルで実施することで、顧客データの受け渡しなく、価値観判別できる。

自社のペルソナに近いPonta会員にプロモーション可能に
金融機関、小売、メーカーなどが活用

鈴木氏は「PERSONA+」の特徴として、大きく3つを挙げた。1つめは、200設問以上のアンケート分析をした価値観セグメントだ。2つめは、価値観判別ロジックを開発していて、そのロジックを組み込んだリサーチで企業の顧客の価値観を判別できることだ。3つ目が約1億300万人に拡大推計をしているため、同サービスを活用する企業はペルソナを把握でき、同じペルソナにアプローチ可能なことである。

企業は、自社のサービス会員とPontaデータを掛け合わせ、価値観セグメントを自社の会員に付与し、顧客像を明確化できる。また、価値観判定により満足度の高い会員などを把握可能だ。さらに、自社のペルソナに近いPonta会員を選別し、プロモーションを行える。プロモーションツールは、メール、アプリをはじめ、郵送DM、SNSなど、デジタル・リアル問わず、さまざまな手段に対応可能だ。LMの特徴として、キャラクターの「ポンタ」をクリエイティブに活用できる点も挙げた。

事例としては現状、金融機関に採用されるケースが多い。金融機関は自社で基本属性以外のデータを保有していないケースもある。すでにPDCAを回す中でペルソナ像を把握し、顧客属性を分析したうえで、プロモーションに活用するバナーやランディングページを改善し、成果を上げたケースがある。また、小売やメーカーも活用している。

サービスの提供料金は、クラスター構成比、各クラスターのペルソナデータおよびクラスター付与した顧客の分析データを納品する「ベーシックプラン」が46万円からとなり、これにプロモーション費用などがかかる。

「+FINANCE」、「+FOOD(プラスフード)」を開発
企業の金融や食に関連したターゲット顧客像が把握可能に

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP