Pontaデータから顧客の価値観判別とターゲティングが可能な「PERSONA+」の強みとは?

2021年9月29日8:00

ロイヤリティマーケティング(LM)は、共通ポイント「Ponta」のデータを基に顧客の価値観判別やターゲティングができるマーケティングソリューション「PERSONA+(ペルソナ プラス)」を提供している。同サービスの特徴や実績について、LMに話を聞いた。

ロイヤリティマーケティング ビジネスデザイン部 鈴木沙綾氏

記事のポイント!
①会員基盤拡大でより一層データベースマーケティングに注力へ
②「PERSONA+」の3つの特徴は?
③金融機関での実績が多い
④「+FINANCE」、「+FOOD」提供の背景は?
⑤金融や食以外への展開も見据える
⑥他社にはない強みとは?
⑦さまざまな業界でのリサーチデータをパネル化
⑧拡大推計を精度、さらなる分析の提供を目指す

5万人のPontaリサーチ会員から価値観セグメントを抽出
顧客データの受け渡しなく、価値観判別可能に

Ponta会員数は2021年8月末日時点で1億320万人、提携社数139社(9月1日時点)、利用できる店舗数は25万店舗(5月1日時点)となっている。LMでは、企業理念として「無駄のない消費社会構築に貢献する」を掲げている。その実現に向けて、ポイントを通じて集まるデータを活用することによって、最適な情報を最適な人に届けることを目指している。Pontaは2020年3月に10周年を迎えたが、会員基盤が広がる中で、より一層データベースマーケティングに注力できる状況になっている。

「PERSONA+」は、2020年12月からサービスを提供している。ビジネスデザイン部 鈴木沙綾氏は「企業のマーケティングを支援する中で、Pontaデータの強みとなる顧客の実購買だけではなく、人のコアになる価値観、いろいろなデータを把握して、セグメントの構築、コンテンツの制作、プロモーションまで反映する必要があり、『PERSONA+』を開発しました」と説明する。

「PERSONA+」は、5万人のPontaリサーチ会員に対し、価値観を構成する10の因子を特定する200設問以上のアンケートを実施。その結果をもとに企業の顧客を15の価値観クラスターに分類してペルソナを作成する。さらに、約1億300万人のPonta会員の固有の情報や購買データなどによる拡大推計モデルにより、Ponta会員を価値観でセグメントしている。価値観は、年に4回更新し、5万人のデータも提供から1年を機に更新を予定する。

さらに、既存顧客の価値観を知りたい企業向けに、4設問33選択肢で、価値観を精度70%で判別できるロジックを開発。企業の商品・サービスのニーズや満足度調査に判別ロジックを組み込んだリサーチを、Pontaリサーチパネルで実施することで、顧客データの受け渡しなく、価値観判別できる。

自社のペルソナに近いPonta会員にプロモーション可能に
金融機関、小売、メーカーなどが活用

鈴木氏は「PERSONA+」の特徴として、大きく3つを挙げた。1つめは、200設問以上のアンケート分析をした価値観セグメントだ。2つめは、価値観判別ロジックを開発していて、そのロジックを組み込んだリサーチで企業の顧客の価値観を判別できることだ。3つ目が約1億300万人に拡大推計をしているため、同サービスを活用する企業はペルソナを把握でき、同じペルソナにアプローチ可能なことである。

企業は、自社のサービス会員とPontaデータを掛け合わせ、価値観セグメントを自社の会員に付与し、顧客像を明確化できる。また、価値観判定により満足度の高い会員などを把握可能だ。さらに、自社のペルソナに近いPonta会員を選別し、プロモーションを行える。プロモーションツールは、メール、アプリをはじめ、郵送DM、SNSなど、デジタル・リアル問わず、さまざまな手段に対応可能だ。LMの特徴として、キャラクターの「ポンタ」をクリエイティブに活用できる点も挙げた。

事例としては現状、金融機関に採用されるケースが多い。金融機関は自社で基本属性以外のデータを保有していないケースもある。すでにPDCAを回す中でペルソナ像を把握し、顧客属性を分析したうえで、プロモーションに活用するバナーやランディングページを改善し、成果を上げたケースがある。また、小売やメーカーも活用している。

サービスの提供料金は、クラスター構成比、各クラスターのペルソナデータおよびクラスター付与した顧客の分析データを納品する「ベーシックプラン」が46万円からとなり、これにプロモーション費用などがかかる。

「+FINANCE」、「+FOOD(プラスフード)」を開発
企業の金融や食に関連したターゲット顧客像が把握可能に

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP