店舗のオリジナルPay発行など販促を強化する「アララ キャッシュレス」の強みとは?

2021年12月9日8:00

「iD対応」で店舗は手数料収入獲得、チャージ増でさらなるキャッシュフロー改善へ

アララは、店舗独自の電子マネー(オリジナルPay)を発行できる新サービス「アララキャッシュレス」の提供を開始した。「アララ キャッシュレス」により、ポイントやデジタルギフト、販促、各種分析機能をワンストップで実現する「キャッシュレス総合支援サービス」を強化する方針だ。2022年春以降には、NTTドコモ「iD」対応店舗158万カ所での利用も可能になる予定だ。

アララ キャッシュレス事業部 事業部長 楠木康弘氏

記事のポイント!
①「総合店舗サポートパッケージ」が売りに
②オリジナルPayは業種、機能によるが手数料は1%を切る水準
③「アララ キャッシュレス」で最新のテクノロジを活用した機能を提供
④ポイントやデジタルギフト、販促、各種分析機能をワンストップで実現可能
⑤電子ギフト券の発行や紙券のデジタル化に対応
⑥ブランドや店舗別に電子マネーやポイントを発行可能に
⑦4つの決済方法に対応し柔軟に利用可能に
⑧デンソーウェーブの「SQRC」および「フレームQR」に対応
⑨NTTドコモ「iD」決済対応の経緯とは?
⑩「給与デジタル払い」の実証実験にも取り組む

「総合店舗サポートパッケージ」が売りに
「オリジナルPay」のニーズが高まる

アララは、サーバ管理型のプリペイドサービスを市場の黎明期から展開してきた。店舗向け販売促進サービス「point+plus(ポイントプラス)」による2021年8月期の電子マネーの決済額は2,235億円(第4四半期単体で571億)、累計顧客(社)数は186となっている。また、持分法適用関連会社のバリューデザインを合わせると年間決済額は約1兆円、導入社数約1,000社、店舗数は約10万店舗となる。

アララでは、大手・中堅に加え、食品スーパーをはじめとする地域加盟店への開拓を強みとしており、電子マネー、販促、CRMを合わせた「総合店舗サポートパッケージ」を売りとしている。電子マネー、ポイント・割引、クーポン、会員情報管理、メール配信など、企業のニーズに合わせて対応可能だ。アララ キャッシュレス事業部 事業部長 楠木康弘氏は「我々のサービスはロイヤルカスタマー向けであり、お客様を囲い込み、育成するツールとして利用いただいています。オリジナルPayは業種、機能によるが手数料は1%を切る水準です。スーパーマーケットでは、セルフレジになるなどキャッシュレスの波は止められませんが、手数料が安いオリジナルPayに移行したいという思いを持っていただいています」と楠木氏は話す。スーパーマーケットの粗利率は1~3%であると言われており、汎用決済で取り込んだ顧客をオリジナルPayで囲い込みたいという要望が強くなっているとした。

最新のテクノロジを活用した機能を提供へ
AWS対応でトランザクション増加にも柔軟に対応

アララでは、さまざまな業態に対応した「アララ キャッシュレス」の提供を2021年11月より順次開始している。「アララ キャッシュレス」開発の経緯として、アララでは、レピカ時代の2006年8月からオリジナルPayシステムを提供していたが、サービスの利用増に伴い、順次システム開発や投資を行う必要があった。そのため、「他社に先駆けてシステムのアーキテクチャを一新して、最新のテクノロジを活用した機能を提供していきます。プライベートクラウドからオートスケーリングが効くAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)にすることで、トランザクションが増えても安心して利用できるようにしました」と楠木氏は話す。

「アララキャッシュレス」の5つの特徴とは?
ブランドや店舗別に電子マネーやポイントを発行可能に

「アララ キャッシュレス」の特徴は、大きく5つ挙げられる。1つめは、店舗独自の“オリジナルPay(オリジナル電子マネー)”の発行に加え、ポイントやデジタルギフト、販促、各種分析機能をワンストップで実現可能だ。オリジナルPayのシステム提供は、競合企業との価格競争も厳しくなっているが、「手数料争いから脱却し、機能によって付加価値を提供します。トータルな『店舗総合支援サービス』は弊社のみが提供しており、オリジナルPayもその一部だと認識しています」と楠木氏は説明する。

2つめは、従来通り、汎用決済に比べて安価な決済手数料率でサービスを提供する。事前入金のため、チャージ額が増えれば増えるほど店舗のキャッシュフロー改善につながる。

3つめは、オリジナル電子ギフト券の発行や、紙のギフト券のデジタル化に対応可能だ。店舗は、イベントチケットや回数券などで活用できる。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP