決済端末に関する規格とその有効期限のまとめ【FIME JAPANの技術解説】

2022年2月7日8:30

決済端末に関する認定規格は非常に数が多く、且つ複数の企業が別々の規格を取得する関係上、全体を俯瞰的に把握することが難しい。今回は、各認定規格について表で有効期限や製造担当を確認する。

記事のポイント!
①各認定機関の情報一覧
②有効期限の考え方
③ブランドが担当社となっている規格
④端末関連規格の有効期限と利用可能限度
⑤有効期限とは別に定期的な監査が存在するTQM
⑥EMV L1接触の認定期限を迎えた場合のアクション
⑦まとめ

  • 各認定規格の情報について

まず、表 1に各認定規格の情報を記載する。

表 1 各認定規格の情報一覧

規格名称

担当社

有効期限

製造担当

備考

PCI-PTS

PCI

v6.0 2030/04

端末ベンダ

EMV L1

EMV

取得後4年

端末ベンダ

対応CPU等有り

EMV L2

接触

EMV

取得後4年

端末ベンダ

ソフト単独販売有

EMV L2

非接触

EMV

取得後3年

端末ベンダ

L2非接触

各ブランド

取得後3-4年

端末ベンダ

ソフト単独販売有

TQM

Mastercard

取得後1年

ただし別途Auditあり。

端末ベンダ(製造拠点)

Auditでは、L1,L2両方が審査対象

Audit頻度は評価Rankに依存

ブランド

認定

各ブランド

規定なし

(ブランド

依存)

POSベンダ

PSP

NFC Forum

NFC Forum

規定なし

端末ベンダ

◎Waiver等が適用された場合は有効期間が短縮される場合があります。

上記の認定規格に関係するソフトウェアの配置例を図 1に示す。ほとんどの規格は端末の内部で完結しているが、ブランド認定のみPSPが影響する。このとき、PSPからはブランド認定に関わるパラメータが配信されるケースが多い。

図 1 各モジュールの担当規格(一例)
  • 有効期限の考え方

有効期限について大きく分けて2つの考え方が存在する。一つは認定完了から有効期限が決まる方式である。もう一つは規格自体に有効期限が存在しているものである。後者はPCI-PTSであるが、これはセキュリティに関する規格であり、その定められた規格により、いつまで安全なのかが重要であると考えることができる。他の規格は主として決済の仕様を定義するものであり、定期的かつ全端末について更新が必要である。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP