決済端末に関する規格とその有効期限のまとめ【FIME JAPANの技術解説】

2022年2月7日8:30

決済端末に関する認定規格は非常に数が多く、且つ複数の企業が別々の規格を取得する関係上、全体を俯瞰的に把握することが難しい。今回は、各認定規格について表で有効期限や製造担当を確認する。

記事のポイント!
①各認定機関の情報一覧
②有効期限の考え方
③ブランドが担当社となっている規格
④端末関連規格の有効期限と利用可能限度
⑤有効期限とは別に定期的な監査が存在するTQM
⑥EMV L1接触の認定期限を迎えた場合のアクション
⑦まとめ

  • 各認定規格の情報について

まず、表 1に各認定規格の情報を記載する。

表 1 各認定規格の情報一覧

規格名称

担当社

有効期限

製造担当

備考

PCI-PTS

PCI

v6.0 2030/04

端末ベンダ

EMV L1

EMV

取得後4年

端末ベンダ

対応CPU等有り

EMV L2

接触

EMV

取得後4年

端末ベンダ

ソフト単独販売有

EMV L2

非接触

EMV

取得後3年

端末ベンダ

L2非接触

各ブランド

取得後3-4年

端末ベンダ

ソフト単独販売有

TQM

Mastercard

取得後1年

ただし別途Auditあり。

端末ベンダ(製造拠点)

Auditでは、L1,L2両方が審査対象

Audit頻度は評価Rankに依存

ブランド

認定

各ブランド

規定なし

(ブランド

依存)

POSベンダ

PSP

NFC Forum

NFC Forum

規定なし

端末ベンダ

◎Waiver等が適用された場合は有効期間が短縮される場合があります。

上記の認定規格に関係するソフトウェアの配置例を図 1に示す。ほとんどの規格は端末の内部で完結しているが、ブランド認定のみPSPが影響する。このとき、PSPからはブランド認定に関わるパラメータが配信されるケースが多い。

図 1 各モジュールの担当規格(一例)
  • 有効期限の考え方

有効期限について大きく分けて2つの考え方が存在する。一つは認定完了から有効期限が決まる方式である。もう一つは規格自体に有効期限が存在しているものである。後者はPCI-PTSであるが、これはセキュリティに関する規格であり、その定められた規格により、いつまで安全なのかが重要であると考えることができる。他の規格は主として決済の仕様を定義するものであり、定期的かつ全端末について更新が必要である。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP