「リテールテックJAPAN 2022」で注目の決済関連製品・サービスは?

2022年3月4日7:52

流通や小売の最新技術・サービスが紹介される「リテールテックJAPAN 2022」(主催:日本経済新聞社)が2022年3月1日~4日まで東京ビッグサイトで開催されている。各ブースの詳細記事は後日紹介する予定だが、今回は会場の様子を取り上げる。

三井住友カードは、決済プラットフォーム「stera」を紹介。steraでは、アプリマーケットを活用して様々なサービスを提供してきたが、今夏をめどに、①決済端末を広告媒体として活用できるサービス「stera ads」、②決済端末を会員証アプリ・ポイントカード・クーポン等の読取機として利用できる「stera connect」を追加する。stera connectは、トリニティ、バリューデザイン、日立ソリューションズから対応する予定だ。

NTTデータは、次世代の決済・購買体験を紹介した。店舗がスマートフォンを決済端末に利用するサービスのデモを行った。店舗は、スマートフォンのAndroid 端末に専用決済アプリケーションを入れることで、汎用端末を購入せずに決済に利用可能だ。すでにNTTデータではSuicaの決済端末として利用する実験を実施。今後はサービスを商用化させ、小・中規模事業者などに導入を進める。

Saturn 1000Miniは、CAFIS Archの新端末として開発を進めている。一台でブラケットでmPOSに装着して、モバイル一体型として利用できる。

東芝テックは、1年後に販売予定のCT-6100およびPICT6100を紹介。磁気、非接触IC、FeliCa、QRコードなどさまざまなインターフェースの決済に対応することはもちろん、セキュリティ規格PCI PTSV6.0に対応する。Androidモデルでは自由にアプリを搭載可能だ。

また、東芝テックは、フードデリバリーやモバイルオーダーについて、複数の店舗の注文をまとめて行うことができる「Skip Order(スキップオーダー)」を紹介した。また、これらの外部サービスのオンライン注文データについて、店舗のPOSシステムに連携することを可能とする飲食店向けサービス「OrderLinkage(オーダーリンケージ)」を紹介している。

アララは東芝テックのブースで、ハウス電子マネーを活用したプロモーション支援サービス「チャージバック」を紹介した。「チャージバック」は、 プロモーションを実施したいメーカーと店舗をWEB上でマッチングし、 店舗を利用する顧客に対しメーカーがダイレクトにアプローチできる販促支援サービスとなる。対象商品をハウス電子マネーで購入すると、アララで消費者に還元処理を行い、メーカーの販促を支援できる。

トリニティのブースでは、 ポイント・会員管理サービスをシンプルにまとめ、低価格で提供するサービスである「VALUE GATE(バリューゲート)」を紹介した。同サービスでは三井住友カードのsteraのポイント機能にもいち早く対応する予定だ。

ルミーズは、自動精算機・自動販売機向け組込型マルチ決済端末「salo-01」を紹介した。クレジットカード・電子マネー・コード決済をオールインワンで提供可能であり、連携先の自動精算機や自動販売機、 セルフレジが増えている。同社では、PCI P2PEコンポーネントサービスも紹介した。

台湾のCastles Technology(キャッスルテクノロジー)のブースでは、カードサービス、アイティフォー、ジィ・シィ企画がサービスを紹介した。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP