ナッジが普段の買い物のクレジット決済でNFTを簡単に体験できる世界の実現を目指す

2022年5月9日8:00

加藤ミリヤさん・松井秀喜さんのNFTプロジェクト実証実験開始

ナッジは、クレジットカード「Nudge(ナッジ)」において、カード利用特典としてNFT(ノンファンジブルトークン)を受け取れる実証実験「Cashless to earn」を開始した。従来、Nudgeカードの利用に応じてユーザーが受け取る特典は画像・動画などのデジタルコンテンツが中心だが、 今回のPoCにおいては、 試行的にNFTを特典として提供する。記者説明会が行われた4月21日から 加藤ミリヤさんの「MILIYAH NFT Club」、5月5日から松井秀喜さんの「松井55ベースボールファウンデーション」クラブをスタートした。

ナッジ 代表取締役社長 沖田貴史氏。沖田氏は「加藤ミリヤさんは、勉強熱心でご自身の活動やチャリティーな仕組みをサステナブルな形にしていく、新しいテクノロジを取り入れていくということでご賛同いただきました」と話す

1枚単位で発行可能な提携先は50まで拡大

ナッジの「Nudgeカード」は、「アプリで申し込み」「いつでも自由にATM返済」「10万円が限度額の少額Visaクレジット」「アプリで利用状況を確認できる」といった特徴のあるサービスだ。20代などの若い世代がキャッシュレスに移行できるサービスを意識しているという。ナッジ 代表取締役社長 沖田貴史氏は「Nudgeはプラカードとスマートフォンを組み合わせて使うサービスです。非常に安心、安全、便利な機能を、スマホを使うことで実現しています」と説明する。発行カードの支払いはVisaのタッチ決済にも対応している。“ユーザーが「好き」を応援できるカード”として、利用者が日常でクレジットカード支払うと、「好き」なスポーツチームやアーティスト等に貢献でき、そのお返しとして“特典”が手にできるサービスとなっている。

提携カードはクレジットカード会社の会員獲得チャネルとして主力の1つだが、収益性が課題でもある。以前は数多くの提携カードが発行されていたが、現在は航空系や百貨店などの大規模な顧客基盤を持つ一部のカードを除いて発行を整理する動きも目立つ。ナッジでは、イシュイング(カード発行)でクレディセゾンと連携。また、凸版印刷の協力を得て、1枚単位で発行できるオンデマンド印刷の仕組みを構築することで、より手軽に、さまざまな提携カード発行が可能となった。

ナッジでは、2021年9月から15の連携先(クラブ)とサービスを開始。現在は、約50まで拡大しており、月に5~10のクラブが加わっている。利用者は、クラブのカードやアプリで支払うことで、画像や動画などNudgeカードだけの特典を受けることができる。例えば、「スマホと連動してアーティストの秘蔵写真、スポーツクラブであれば試合直後の動画、練習中の風景がみられるようになっています」と沖田氏は話す。

NFTを体験するハードルを引き下げる

新たに開始するNFT実証実験「Cashless to earn」では、音楽レーベルやスポーツチームをはじめとするIPホルダーがNFTを活用し、ファンエンゲージメントを向上させることを目的としている。Nudgeアプリ上で提供しているデジタルコンテンツをNFT化して特典達成ユーザーに配付する。NFTは、ブロックチェーン上に作られたトークンの一種であり、 一点もののコンテンツをトークン化することで、デジタルコンテンツの個体管理ができる技術だ。

「MILIYAH NFT Club」は、加藤ミリヤさん制作の書道作品をNFT化して提供するほか、 ウォレットにおいて特典NFTを保有しているユーザーのみがアクセス可能な動画コンテンツをウェブ上で提供する。また、「松井55ベースボールファウンデーション」クラブでは、松井秀喜さんの限定写真に加えて、 松井55ベースボールファウンデーションのロゴや直筆サインのNFTを特典として提供する。

ナッジでは、トークンの機能を使ってよりNudgeサービスの可能性を広げていきたいとした。今回の実証実験では、IPホルダーやアーティストが主役になり、ファンとの絆を深める、新しい体験を作ることを主目的にしている。NFTに関心を持つIPホルダーなどは多いが、具体的な活用までは意識しづらい課題がある。同取り組みにより、NFTを体験するハードルを引き下げていきたいとした。

ウォレット未保有でもスマホ上でNFTを受け取り
採用したブロックチェーンやプラットフォームは?

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP