「GMO後払い」がインターファクトリーの「ebisumart zero」と連携(GMO-PS)

2022年8月24日16:47

GMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会社であるGMOペイメントサービス(GMO-PS)は、同社が提供するEC事業者向け後払い決済サービス「GMO後払い」において、インターファクトリーが提供するスモールスタート向けクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart(エビスマート) zero(ゼロ)」と、2022年8月24日より連携すると発表した。

「GMO後払い」、スモールスタート向けクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart zero」と連携(GMO-PS)

これにより「ebisumart zero」を利用するEC事業者は、開発工数やコストを抑えて「GMO後払い」を導入することが可能となるため、後払い決済サービスを利用する購入者の取り込みが期待できるという。

「ebisumart zero」は、インターファクトリーが大規模EC事業者向けに提供するクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」の経験とノウハウを生かして2022年1月17日から展開した、スタートアップ・中小規模事業者向けのECプラットフォームだ。「ebisumart zero」の後払い決済サービス連携は「GMO後払い」が初となり、「ebisumart zero」を利用するEC事業者は、少ない開発工数やコストでの後払い決済サービス導入が可能となる。

なお、「GMO後払い」は、GMO-PSがEC事業者向けに提供している後払い決済サービスだ。購入者の支払い状況にかかわらず立替払いを行うほか、与信管理、請求書発行、入金管理などの業務も全てGMO-PSが行うため、EC事業者は決済に関わる煩雑な作業の手間や未回収リスクもなく、便利な後払い決済を購入者へ提示することができるという。これにより、これまで「クレジットカードの利用に抵抗がある」「実際に商品を見てから・サービスを利用してから支払いたい」といった理由から購入に至らなかったユーザー層の取り込みが期待できる。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP