日本の決勝トーナメント進出で盛り上がる「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の決済シーン

2022年12月2日8:15

日本代表が決勝トーナメントに進出し、日本中が歓喜するサッカーの「FIFA ワールドカップ カタール 2022」。当編集部のスタッフもカタールに訪れ、公式決済技術パートナーのVisaの取り組みなど、最新の決済トレンドをウォッチした。

日本がドイツ、スペインを破った舞台となったハリファ国際スタジアム(筆者撮影)

Visaとカタール国立銀行が顔認証決済の実験
「Tap to Phone」では3つの金融機関と提携

「FIFA ワールドカップ カタール 2022」は、ビザ・ワールドワイド(Visa)がFIFA の公式決済技術パートナーを務めている。Visaおよびビジネスワイヤのリリースによると、Visaとカタール国立銀行 (QNB)が試験運用している生体認証技術により、利用者は登録後、物理的なカードやモバイルを使用せずに、顔認証により支払いが可能となる取り組みを実施。「Flat White Specialty Coffee 」の3店舗で試験的に導入されている。

Visa は、ドーハで一部のカード所有者向けにデジタル カード発行ソリューションを試験運用しています。 デジタル カードには、FIFA ワールド カップ カタール 2022™ の公式マスコットであるライブのアニメーション カード アートが描かれます。 (画像:ビジネスワイヤ)
デジタルカードにはFIFA ワールド カップ カタール 2022の公式マスコットであるライブのアニメーション カード アートが描かれている(画像:ビジネスワイヤより)

また、Visaは、ドーハで一部のカード所有者向けにデジタルカード発行ソリューションを試験運用している。利用者は、QRコードをスキャンすると、デジタルプリペイドカードが即座に発行され、モバイルウォレットに追加可能だ。同デジタルカードは、公式マスコットの「La'eeb」とともにアニメ化されており、消費者はより優れたパーソナライゼーションやデジタルアニメーション技術をVisa カードで利用できるとしている。

さらに、Visaは世界のさまざまな国でAndroidの汎用端末を決済端末として利用できる「Tap to Phone ソリューション」を強化している。カタールでは3つの金融機関との提携によって、観光客によるデジタル決済を受け入れ可能になるという。また、Visaでは、カタール運輸省との協力により、タクシーでのタッチ決済の受け入れを可能にし、海外からのサポーターやカタールの人々が決済できるように受け入れているそうだ。

そのほか、Visaでは、Crypto. com と提携して、「Visa Masters of Movement」というNFT(非代替性トークン)ソリューションの提供も発表しており、5 人のサッカー選手からゲームの最も象徴的な動きを取り上げ、それらをデジタルアートに変換し、独自の NFTにしている。Visaはオークションの収益を英国の慈善団体であるストリート・チャイルド・ユナイテッドに寄付するという。

スタジアムでVisaブランド以外への対応
改札にはリップルマークも…

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP