W杯での海外旅行者によるカード利用額が劇的に増加(Visa)

2014年7月9日11:37

Visaは、2014 FIFAワールドカップ ブラジルに関連する第2弾”Everywhere Travel Report(エブリウェアトラベルレポート)”を発表した。同レポートは、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどのVisaの商品を利用した旅行データや海外旅行者によるカード利用を分析しているという。それによると、グループリーグの開催地であったブラジルの首都以外の都市でも海外旅行者によるカード利用額が劇的に増加したそうだ。

グループリーグ・トーナメント期間(大会開催日の6月12日からグループリーグ最終日の6月26日まで)のデータによると、消費額が対前年同期比で3桁の伸び率であることが分かったという。例えばナタール市(+851%)、クイアバ市(+963%)、クリチバ市(+167%)、そしてマナウス市(+409%)などの消費額が大幅に増加した。

海外旅行者が、グループリーグ開催中にVisaカードで支払った総額は1.88億米ドルとなった。これは対前年同期比152%の増加率であり、ブラジルへの旅行者のカード利用額が7800万米ドルだったFIFAコンフェデレーションズカップ2013が開催された同時期と比べて141%の増加率となる。2014 FIFA ワールドカップ ブラジルの開催中で最も海外旅行者によるカード利用額が大きかった日は6月25日で、一日に1740万米ドルの支出があったそうだ。

ブラジルへの旅行者のうち、カード利用額が大きかった国は、多い順に米国、英国、フランス、メキシコとなった。特に増加率が高かったのは、オーストラリア(+835%)、コロンビア(+765%)、チリ(+519%)、メキシコ(+396%)の4カ国となっている。

Visaは、ブラジルの加盟店、金融機関と協力して、12ある会場すべてに決済インフラを提供している。決済インフラには3000以上のVisa非接触型決済サービスと75台のATMが含まれているそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP