フリーランス向けに「labolカード払い」提供、Visa・Mastercard・JCB対応(ラボル)

2022年12月9日13:14

セレスの子会社であるラボルは、オリエントコーポレーション(オリコ)と業務提携し、 Visa・Mastercard・JCB各社が利用を促進する新たなBtoB決済スキームを活用してフリーランス向けに資金繰り支援を行うカード決済サービス「labol(ラボル)カード払い」の提供を2022年12月8日より開始した。

「labol(ラボル)カード払い」の決済スキーム(ラボル)

ラボルは、フリーランス向けAIファクタリングサービス「labol(ラボル)」を2020年7月に運営開始して以降、さまざまな業態のフリーランス・個人事業主の利用において解決が困難な資金繰りニーズにも直面してきたという。そのような中、このほどオリコと業務提携し「labolカード払い」を提供することで、多様化が進む利用者の資金繰りニーズに幅広く対応することが可能となるとした。

「labolカード払い」は、カード決済を行いたい事業者と、カード決済を受け付けていない取引先(カード非加盟店)の橋渡しを行う金融サービスとなる。今回、アクワイアリング(加盟店管理)実績を持つオリコのカード決済システムを利用することで、主要有力ブランドへの対応を実現した。

フリーランスである利用希望者は会員登録後、24時間365日、時間・場所を選ばずにWeb上で申し込める。請求書上で指定される振込先に対して希望の名義でラボルが最短即日で振込払いを実施し、利用者はクレジットカードで同サービスを利用することで最大60日間におよぶ支払いの先延ばしが可能だ。サービス利用手数料は「3~3.5%」となり、ラボルへの支払いは、サービス利用手数料を上乗せした金額で利用のカード会社所定の期日に銀行口座から引落しとなる。

また、すでにフリーランス向けAIファクタリングサービス「labol」の会員登録済みの会員については、「labolカード払い」の会員登録は省略できる。なお今回は、フリーランス向けへ先行してサービス提供を開始するが、順次、小規模事業者向けへのサービス提供も進めていくそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP