「MasterCard PayPass」に続き「Visa payWave」の発行と加盟店向けサービスを開始(オリコ)

2012年10月16日14:47

オリエントコーポレーション(オリコ)は、2013年4月から、Visaが提供する非接触型決済ソリューション「Visa payWave」の発行を開始する予定であると発表した。また、発行だけでなく、加盟店向けサービスの提供についても順次提供を開始するという。

『Visa payWave』(左)と『MasterCard PayPass』(右)のアクセプタンスマーク

Visa payWaveは、加盟店において、端末にカードをかざすだけで、買い物をすることが可能だ。また、オリコは近距離無線通信の国際標準規格であるNFCについても早期に着目し、2008年よりモバイルキャリアと数々の実験を行い、商用に対応したビジネスモデルを構築してきた。今後、各モバイルキャリアよりNFCを搭載したスマートフォンが発売され、急激に普及する可能性があることからNFC対応スマートフォンによるVisa payWaveの発行も予定している。

オリコは、業界に先駆けて2006年より「MasterCard PayPass」の発行と加盟店向けサービスの提供を開始している。MasterCard PayPassは、スピーディな決済が要求されるファストフードやドラッグストア向けにMasterCardが開発したIC技術を用いた非接触型決済ソリューションで、日本のほか、米国やカナダ、イギリス、フランス、イタリア、スイス、スペイン、中国、韓国、台湾など、世界41カ国、約50万店の加盟店で利用することが可能だ。今回、Visa payWaveに対応することにより、会員は、国内・海外のVisa加盟店やMasterCard加盟店で利用できるだけでなく、両加盟店において、簡単・スピーディな買い物を行うことができるという。

オリコでは今後、決済だけでなく、クーポンや販促サービスの提供により顧客利便性の優れたNFCサービスの実現を目指すとともに、会員のさまざまなニーズ・多様性を重視した商品の提供を目指す。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP