富山県の神社で「J-Coin Pay」が初詣向けデジタル賽銭企画「スマ詣」(みずほ銀行)

2022年12月28日7:00

みずほ銀行が提供する、キャッシュレス決済サービス 「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」は、2022年12月31日より、デジタル賽銭での初詣企画「スマ詣(すまもうで)」の第1弾を、富山県の越中護国八幡宮・多久比禮志神社・新川神社・蓮王寺にて実施すると発表した。2022年12月31日~2023年1月30日までの期間に、「J-Coin Pay」で初詣等の賽銭を行ったユーザーを対象に、J-Coin Pay内で参拝記念をプレゼントするそうだ。

デジタル賽銭で参拝記念を期間限定プレゼント(みずほ銀行)

「J-Coin Pay」は、みずほ銀行が提供する、キャッシュレス決済サービスとなる。お金を「送る」「もらう」「支払う」ことをスマホアプリ上で完結できることに加え、金融機関の預金口座からの入出金により、口座からアプリへチャージしたり、アプリから口座へ現金として戻したりすることができるのが特長だ。2019年3月のサービス提供開始から、約3年半で加盟店は125万箇所を超え、全国170以上の金融機関が参画している。2022年10月には、「ことら送金」とのサービス連携により、J-Coin接続金融機関以外への10万円以下の個人宛送金が手数料無料で可能となっている。

「J-Coin Pay」では、賽銭機能を2020年10月より提供している。利用者の年代別内訳上位は、50代(約28%)・20代(約23%)・30代(約20%)・40代(約20%)の順であることから、家内安全や学業成就といった祈願が決済利用の背景としてうかがえるという。加えて、デジタル賽銭の金額は「5円」が約30%を占めているほか、「888円」のようないわゆる「ゾロ目」や記念日の想起につながる数字の設定も含まれており、現金賽銭における「ご縁」に掛けた「5円」を基本としながらも、デジタル賽銭ならではの動向として自分自身や家族だけでなく恋人やアイドルへの願掛けを込めた形での奉納も、新たな傾向として読み取れるという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP