2023年1月16日8:40

2022年のTrustechでは、指紋認証カードが注目を集めた。ノルウェーのZwipeは、他社に先駆けて、国際ブランド準拠の指紋認証技術を市場に投入した企業だが、バッテリーレスのテクノロジーにより、金融機関やアクセスコントロールでの採用がさらに加速すると見込んでいる。

Zwipe VP セールス&クライアント イネーブルメント Antonio D'Albore氏(フランス・パリで開催されたTrustech2022にて)

指紋認証決済の先駆け的な企業
金融機関に加えアクセス制御の引き合いも増加

Zwipeでは、競争力のある価格で指紋認証によるセキュアな決済が可能な「Zwipe Pay(ズワイプペイ)」を提供している。決済金額にかかわらずPIN(暗証番号)入力の代わりに、生体認証を行うだけで、支払いが可能になる。

また、入退室管理といったアクセス制御ソリューションを提供する「Zwipe Access(ズワイプアクセス)」も製品ラインアップに名を連ねる。これまでは、金融機関向けに技術を提供するケースが多かったが、現在はアクセス制御の引き合いも多いという。

Zwipeの製品群

同社は、EMVCo 認定の生体認証スマート カード オペレーティング システム、およびVisaとMastercardの認証を得た企業だ。カード会員の指紋データは、外部データベースではなく、直接カードに記録される。決済時には決済端末から給電する。

指紋情報を登録した会員は、指紋センサーに指をかざせば支払いが可能だ。本人のみが利用できるカードであり、例えばナンバーレスのクレジットカードの場合、カードを紛失しても他人が利用することはできないという。

Zwipe VP セールス&クライアント イネーブルメント Antonio D'Albore氏は「かつての製品にはバッテリーがありましたが、今はバッテリーレスで動作します。そのため、コストを下げることができました」と話す。

バッテリーレスの指紋認証カード

デジタルセキュリティベンダー等と連携してサービス展開
国内の印刷会社にも技術を紹介

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP