「テンタメ」と「スマートレシート」がID連携(東芝テック/東芝データ/ドゥ・ハウス)

2023年1月16日16:52

東芝テックと東芝データ、ドゥ・ハウスは、東芝グループの電子レシートサービス「スマートレシート」と店頭購入型のサンプリング・サービス「テンタメ」とのID連携を、2023年1月16日より開始した。これにより「テンタメ」利用者は、レシート画像投稿作業が不要になり、よりテンタメに参加しやすくなる。

レシート画像のアップロードが不要に(東芝テック/東芝データ/ドゥ・ハウス)

テンタメは生活者を店頭に誘導し、商品をトライアルしてもらうサービスだ。会員はサイト上の掲載商品を店頭で購入後、アンケートとレシート画像の投稿を行うことで、商品代の半額から同額相当のポイントを手にできる。パソコン、スマートフォンから参加することができ、外出先や店内などで利用可能だ。貯めたポイントは現金や電子マネーなどに交換することができる。

東芝テックが開発・運営し、東芝データが運営を支援している電子レシートサービス「スマートレシート」は、対象店舗での会計後、レシートが電子化されてアプリ内に表示される。レシートの履歴は月ごとなどの一覧で見ることができ、購入した商品を「食品」や「日用品」など9つの費目に自動で分類する機能も搭載している。

「スマートレシート」が「テンタメ」掲載商品の購買証明となることで、これまでのUI/UXを改善し、参加者のコンバージョンアップにつながることで、さらなる利便性の向上を目指す。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP