イベント「デジタル版會津商人魂」で買い回りキャンペーン実施(東芝テック/東芝データ)

2021年8月1日8:00

東芝テックと東芝データは、 2020年から参画・支援している福島県会津若松市スマートシティ構想「スマートシティ会津」において、2021年8月1日~8月20日に開催される、会津若松市商店街連合会の地元商店街活性化イベント「デジタル版會津商人魂」に参画すると発表した。

若松市商店街連合会の地元商店街活性化イベント「デジタル版會津商人魂」(東芝テック/東芝データ)

東芝テックが運営する電子レシートシステム「スマートレシート」を使用した買い回りキャンペーンを実施することで、会津の生活者を中心とした買い物利便性の向上および買い回りによる地域経済活性化を実現する取り組みを行う。

同イベントでは、会津若松市内で業種、業態の異なる36社77店舗における「買いまわりすごろくキャンペーン」を実施。東芝テックと東芝データは、「スマートレシート」を会津地域ウォレットアプリ「会津財布」と連携させ、「スマートレシート」利用者の購買データを活用することにより店舗間の送客につなげるという。

両社は、地域内の経済循環と市民の利便性向上に向けたサービス環境の提供を行い、レシートレスによる非接触や環境配慮の需要にも対応していく。会津若松市は内閣府が進める「スーパーシティ型国家戦略特別区域」指定への応募をしていることもあり、今後はリアルタイムな購買データを活用したマーケティングや広告効果による潜在ニーズの分析など、「スマートレシート」のインフラを最大限に活かしたデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現させたいとした。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP