ノウタス 「一次産業×金融」にこだわり、農業DXを推進

2023年4月3日8:00

産直EC「ノウタスモール」に「あと値決め」を標準搭載

農業のDXを推進するアグリテック企業、ノウタスは、農家や農業関連企業の請求・集金DXを推進している決済サービスプロバイダーのネットプロテクションズ(NP)と包括業務提携契約を締結し、観光農園やモールなどノウタスが展開する事業に、BNPLサービスを導入している。産直ECの「ノウタスモール」では、サービスを体験した後で利用者が自ら値決めを行う「あと値決め」というポストプライシングサービスを提供することで、ブランドとして定着していない果物などの農作物を、一度手に取って試してもらい、安心・納得したうえで値段を決めてもらっている。

ノウタス 代表取締役CEO 髙橋明久氏

農業の構造的課題を社会全体で解決
BaaSならぬFaaSの展開を図る

ノウタスは、日本の農業・農家が抱える構造的な課題解決を目指し、農業DX、農業エンターテイメントを推進する、アグリテック企業。“アグリテイメント”のキーワードのもと、多くの人・企業がそれぞれの生活・事業に農業を採り入れやすいように、「知る」「関わる」「体験する」「手伝う」「働く」の段階ごとにソリューションをラインナップし、モジュール化して提供する「FaaS(Farming as a Service)」の展開を標榜する。

代表取締役CEOの髙橋明久氏は、一貫して金融・決済事業に携わってきた経歴を持つ。「金融業界ではBaaS(Banking as a Service)やエンベデッドファイナンスが進み、すべての企業が金融業になるということが言われています。農業も同じです。すべての人・企業が農に関わって皆で問題を解決する社会にしたい」というのが髙橋氏の思いだ。

具体的には、まち全体を1つの大きな観光農園ととらえ、自治体や企業が主導してFaaSを展開するイメージ。映像による情報提供、予約受付、キャッシュレス決済など、各ソリューションの一連の運用は、デジタルを駆使して行う。導入費用は、ノウタスが提供するモジュールを自社事業に組み込むことでシナジー効果を得られると判断した企業側が負担し、農家は基本的に無償で利用できる仕組みとする。

農作物の価格を消費者が決めることが可能

BNPLでNPと包括業務提携を締結
新しい金融サービスの開発も視野に

ノウタスでは、キャッシュレス決済推進のため、決済サービスプロバイダーのNPと包括業務提携契約を結んだ。NPは、果物狩りやECモールなどノウタスが展開する事業にBNPLサービスを提供するほか、農家や農業関連企業の請求・集金のDXを担う。

「クダモノガリプラス」の体験会でQR コードを読み取る

BNPLを導入することで、ノウタスには、販売機会ロスを極力なくし、クレジットカードを持たない層を含めてより幅広いユーザーをカバーできるというメリットがある。また、NPとの提携によって、料金回収の手間やコストをなくし、本来の業務に集中できるというメリットもある。また、サービスを体験した後で利用者が自ら値決めを行う「あと値決め」というポストプライシングサービスを提供できることも大きい。

「われわれが特に力を入れて支援していきたいのは、新しい農作物にチャレンジしたいという農家の取り組み。しかし、まだ世に知れわたっていない作物は、安い値付けをしないと利用者が手を出しにくい。ECの場合、その傾向はより顕著です。でもそれでは農家の利益が確保できない。逆に正当な価格で販売したいと農家が強気の値付けをすれば、売れ残る可能性があります」(髙橋氏)。興味の湧いた農作物を、とにかく一度手に取ってもらうために、利用者が商品を試してから代金を決めて支払える「あと値決め」の仕組みが打ってつけだった。現在、産直ECの「ノウタスモール」では、「あと値決め」を標準決済方法として搭載している。

ソリューションを運用する中で、ノウタスにはユーザーの体験を通じて得られるデータや知見が蓄積されていく。これらを活用して“アグリテイメント”をブラッシュアップしていくのはもちろんのこと、NPやほかの金融機関と共同して「一時産業×金融」の視点で新たなサービスを開発したいとノウタスは考えている。農家の事業資金だけでなく、生活資金のサポートの提供も視野に入れる。

まち全体でノウタスのソリューションを導入することに、すでに2つの自治体が名乗りを挙げ、導入に向けた準備を進めている。ノウタスでは、他の自治体・企業への導入促進に一層力を入れると同時に、同社と縁のあるカンボジアへの進出計画も具体化する予定である。

「決済・金融・流通サービスの強化書2023」より

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP