西日本鉄道がタッチ決済実証実験で観光地への移動をスムーズに

2023年4月6日8:20

西日本鉄道の電車において、「Visa のタッチ決済」による改札機通過に関する実証実験が2022 年7 月15 日から2023 年3 月末の予定で実施されていたが、2024年3月31日まで期間を延長している。また、対象駅拡大(西鉄二日市、西鉄久留米)、およびJCBおよびAmerican Express、Diners Club、Discover、銀聯のタッチ決済の追加を2023年5月頃から予定しているそうだ。

インバウンドの受け入れ整備を進める
福岡市内全体の移動の利便性向上へ

西日本鉄道のグループでは、交通系IC カードの「nimoca(ニモカ)」を展開している。2008 年5 月に「nimoca」サービスを開始。2010 年3 月にJR 九州の「SUGOCA」、福岡市交通局の「はやかけん」、JR 東日本の「Suica」の相互利用をスタート。2013 年3 月に交通系IC カード全国相互利用サービスを開始している。

西鉄福岡(天神)駅にある改札機

西日本鉄道では、ポストコロナにおけるインバウンド需要復活を見据えた環境・受入基盤の整備を進めている。

Visa のタッチ決済の公共交通機関での利用は、海外では広く普及している。非接触決済に関する消費者意識が高まっている昨今においては、利便性向上に寄与できるほか、同時期に福岡市地下鉄・JR 九州も導入に向けて検討していたことからエリア全体での回遊性向上にも期待し導入に至った。同社線の観光地である太宰府・柳川への移動をスムーズに行ってもらうため対象駅を福岡(天神) 駅(北口・ソラリア口・三越口)、薬院駅、大橋駅、太宰府駅、西鉄柳川駅に設定した。Visa のタッチ決済の決済スピードは交通系IC カードに比べると若干劣るが、他の旅客の動向を妨げるなど、運営上の支障をきたすことはないという。

現状(2023年2月の発行前時点)の利用状況として、1日平均約77 件の利用がある。福岡(天神) ~大橋間のトリップが全体の約半数を占めるそうだ。

同社では、実証実験の結果等を踏まえ、福岡市内全体の移動の利便性向上に資する施策を検討したいとした。

※発行後の最新情報を付加

「決済・金融・流通サービスの強化書2023」より

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP