申込書発行システムのタブレット端末対応を開始(凸版印刷)

2011年10月20日15:16

凸版印刷は、申込書発行システム「SpeedEntry plus(スピードエントリープラス)」のタブレット端末対応版の販売を10月下旬より開始すると発表した。

「SpeedEntry plus」タブレット端末利用イメージとシステムイメージ(出典:凸版印刷のプレスリリース)

SpeedEntry plusは、銀行の店頭での各種申込書や、流通店舗の店頭におけるクレジット・ポイントカードの申込書を、パソコン上でペンによる手書き入力と運転免許証をはじめとする公的認証カードの券面の文字情報を自動的に読み取り、ペーパーレスで作成するシステムである。

入力したデータは、凸版印刷のデータセンターで一括管理。ユーザ企業が持つ既存のホストコンピュータのフォーマットに合わせてデータを加工、申込データの登録を行う。

凸版印刷では、さまざまな種類のタブレット端末対応を実現。持ち運びが便利なタブレット端末の特長を活かし、ユーザ企業は、特設会場やイベント会場など、場所を問わずに受付業務ができるという。また、ユーザインタフェースを考慮した画面設計により、申込者自身がスムーズに操作できることから、受付業務の負荷を削減している。

初期費用は約2000万円から、運用費用はサーバ、プログラム年間運用費として約200万円からとなる。同社では今後、銀行やクレジットカード会社、保険会社などの金融業界を中心に、2012年度に関連ソリューションを含め約10億円の売り上げを目指す。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP