日本における事業戦略説明会を開催、プリペイド等を強化(Visa)

2012年7月26日0:00

ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、2012年7月24日、日本における事業戦略説明会を開催した。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏(左)、プロダクト統括部長 外山正志氏(右)

日本の民間最終消費支出に占めるカード決済の割合は約14%。そのうち半分強がVisaブランドのカードで処理が行われているが、韓国の53%、中国の41%などに比べるとまだまだ比率は低いのが現状だ。ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏は、「日本の非現金決済は3倍、4倍伸びてもおかしくないと我々は見ています」と話す。

一方、2010年のアジア太平洋地区の法人マーケットは、全世界で31%のシェアを誇る。そのうち、上位6カ国で88%のマーケットシェアとなっているが、日本は22%のシェアがあるという。

 

消費支出に占めるカード決済の割合(左)とアジア・太平洋地区の法人マーケット(右)

Visaの日本における戦略と重点施策については、発行会社(イシュア)や加盟店開拓会社(アクワイアラ)とのパートナーシップ構築により、利用者に対しての的確な商品の紹介とニーズにあった加盟店網の開拓を強化する方針だ。また、イシュアにとって有益な顧客となるプレミアム層のカード会員の拡大、ECでのセキュリティ強化を掲げる。

さらに、カード加盟店としては、政府や教育、住宅といった未開拓市場の取り込み、デビット・プリペイド商品の普及、クロスボーダービジネスの基盤強化、「アドバンスト・オーソリゼーション」や「ビザ・リスク・マネージャー」といった情報提供サービスの価値を高めていきたいとしている。

プリペイド市場規模

プリペイドについては、2009年の市場規模は約100億円。海外では、政府系(ガバメント)や給料の支払いなど、さまざまな分野で利用されている。Visaが国内で当面強化する市場としては、トラベル、ギフトなど、約3億円の市場規模がある。例えばトラベルの分野では、「日本人が両替して海外に持っていく市場が約4兆円あります。そこをカード化する試みを行っています」と同社 プロダクト統括部長 外山正志氏は説明する。

すでに個人向けのギフトカード、トラベルカード、バーチャルカードは、国内のイシュアから発行されている。今後は、災害救助の取り組みとして、カードをチャージして被災者に配布したり、中長期的には社会保障カードへの採用を目指していきたいとしている。また、法人向けのインセンティブカード、日当・仮払金カード、昼食補助のバウチャーなどの代替としての利用を見込む。

なお、海外で展開している非接触IC決済サービス「payWave」については、国内での実施に向けて準備を進めているそうだ。

「以前はpayWaveでも国と国をまたいで利用できないところもありましたが、インターオペラビリティも確保できるようになりましたので、今の非接触のスキームからどのように移していくのかを検討しています」(岡本氏)

また、北米で展開している電子ウォレットサービス「V.me」については、2014年~2015年には日本で展開していきたいとしている。さらに、イヤフォンジャックやケースを装着してスマートフォン決済を行うソリューションについては、安全性確保の観点から1アクワイアラで5,000台の契約に留めたり、セキュリティの強化に向けEMV化を促進させる取り組みを行っているそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP