「全国タクシー配車」アプリで降車時に決済不要なサービスを提供(日本交通)

2013年8月2日14:57

日本交通は、日本マイクロソフトとの協業で、スマートフォンから全国のタクシーが呼びだせるアプリ「全国タクシー配車」に、あらかじめクレジット情報を登録することで降車時に支払い手続きが不要になる新しいタクシー決済サービスを2013年8月2日から追加すると発表した。

サービス利用の流れ。左から「全国タクシー配車」アプリから会員情報及びカード情報や乗車確認番号の登録、「全国タクシー配車」アプリからネット決済を「使用する」で注文依頼をし注文確定後「乗車確認番号」を提示し乗車することで降車の支払手続きが不要に、利用日翌日までに利用明細をメール配信(出典:日本交通のプレスリリース)

「全国タクシー配車」アプリは全国44都道府県、約2万台(全国のタクシーシェア10%)のタクシーと提携し、タクシーの迎え先を地図上に設定し、注文できる。現在、「日本交通タクシー配車」アプリと累計で90万件ダウンロード、タクシーの配車台数は65万台を超え、アプリ経由のタクシー売り上げが15億円を突破しているそうだ。

今回、2012年12月から「日本交通タクシー配車」アプリで利用されている新しい決済サービス「ネット決済」を「全国タクシー配車」アプリに追加する。同サービスは、事前にスマートフォンでクレジットカード情報(JCB、AMEX、Diners、Visa、MasterCard)を登録した上で配車依頼をすると、降車時、決済端末処理や伝票へのサインなどの支払い手続きが不要になるサービスとなる。降車後、事前登録したクレジットカード情報を基に決済処理が行われ、乗車日翌日までに事前登録したメールアドレスに利用明細を送付する。

まずは、東京、埼玉、神奈川、熊本でサービスをスタートし順次提携タクシー会社を拡大していくという。

さらに新機能としてクラウドサービス「Evernote」と連携しネット決済で注文した利用明細を、Evernoteに保存できる機能を追加した。これにより事前にEvernote連携を登録することで決済処理確定後メールに配信されていた利用明細が、自動的Evernoteに記憶され、確認できるようになる。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP