「プラスチックプリペイド」特集 Topics~大日本印刷

2010年7月22日 18:15

流通大手でのギフトカードモール事業スタートに期待
丸善・御茶ノ水店でギフトカードモールの実験を実施

丸善・御茶ノ水店で行われたギフトカードモールの実験。ブルーノート東京とコットンクラブのギフトカードが並べられた

大日本印刷ではギフト・プリペイドカードの運用から販促支援までをワンパッケージ化した「VALUE TACTiX(バリュー・タクティクス)」を提供している。ポイントカードのASPサービスである「POINT TACTiX(ポイント・タクティクス)」と連携させることで、顧客情報管理など、高度なCRMを実現可能だ。

また、プラスチックカード、紙カード、ICカードなどの媒体を活用し、数多くのギフト・プリペイドカードを発行している点も同社ならでは強みとなっている。2009年春にはギフトカードASP事業者のバリューデザインと資本提携。すでに大手ラグジュアリーブランド、カメラ販売店、雑貨店など5社でVALUE TACTiXの採用実績がある。

「弊社としてはギフト・プリペイドカードを単なる決済ツールとして捉えるのではなく、お客様のCRM活動にどうつなげていくのかを大切にしています。秋には大手雑貨店でプリペイドカードシステムとポイントシステムを連携させた取り組みがスタートする予定です」(大日本印刷 C&I事業部 e-マーケティング本部 CRMソリューション企画開発室 エキスパート 磯田和生氏)

「弊社ではギフトカードの効果的な販売方法を研究すべくグループ会社の丸善・御茶ノ水店で実証実験を実施しています。今年数社でギフトカードモール事業がスタートします(既にスタートしているところも含む)が、モール設置先が望まれる企業を一気に開拓しながらも、各社に合った導入スタイルをご提案するように努めています」(大日本印刷 C&I事業部 e-マーケティング本部 CRMソリューション企画開発室 エキスパート 広瀬寛子氏)

将来的には国際ブランド搭載のプリペイドカードが国内で登場すると予想されるが、「国際ブランドのプリペイドカード発行には、非常に厳重な管理体制が要求されます。そうなれば金融業界に強い弊社の強みがさらに活かされます」と広瀬氏は期待をかける。

大日本印刷ではギフトカード関連事業で2011年度までに5億円の売り上げを目指すとしているが、「目標達成の手ごたえはつかんでいます」と広瀬氏は自信を見せている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP