「2014年ソチオリンピックVisaクライアント会議」を開催(Visa)

2013年9月25日8:00

ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、2013年9月19日に、在日ロシア連邦大使館において、「2014年ソチオリンピックVisaクライアント会議」を開催した。会議には、Visaブランドのカードを発行するイシュアなどが参加した。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏は、「Visaは公式スポンサーとして色々なことができますが、皆様もVisaのパートナーであるマーケティング活動にご利用いただきます。ソチの場においても活躍される日本選手がたくさん出ると思いますのでご一緒に盛り上げていただきたい」と挨拶した
ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役 岡本和彦氏は、「Visaは公式スポンサーとして色々なことができますが、皆様もVisaのパートナーであるマーケティング活動にご利用いただきます。ソチの場においても活躍される日本選手がたくさん出ると思いますのでご一緒に盛り上げていただきたい」と挨拶した

第22回オリンピック冬季競技大会は、2014年2月7日~2月23日までロシアのソチで開催される。実施競技・種目は7競技98種目。Visaでは、国際オリンピック委員会(IOC)のスポンサーとして、全世界的な規模でのマーケティング活動の権利、Visaの製品を販促するクライアントへのパススルーをする権利を有している。同社は、1986年以降、夏季7回、冬季7回と、約25年にわたりオリンピックをサポートしており、2020年の東京オリンピックまでのスポンサー契約を締結している。また、Visaブランドのカードは、オリンピック会場で使用できる唯一のカードとなっている。

長年にわたるスポンサーシップにより、Visaのカードホルダーの81%がオリンピックファンであると回答。また、37%の消費者がオリンピックスポンサーの商品やサービスを考慮する可能性があると回答しているそうだ。

ロシアでのソチオリンピックのチケットについては、支払い方法はVisaカードのみとなる。Visaではチケット発売を前に、Visaカード発行を促すキャンペーンを実施。また、2013年5月2日~29日まで、ロシア全土のMetroスーパーにおいて、ソチ関連グッズやソチ旅行がその場で当たるキャンペーンも実施した。さらに、ソーシャルメディア等を活用した販促活動も行っている。

国内でもテレビCM、Webサイトへのバナー広告、新聞広告、観戦ツアープロモーションなど、さまざまな告知を予定している。まず、選手を核として、オリンピックとファンを結びつける「Team Visa」プログラムを展開する。これは、2002年からVisaがグローバルで導入するオリンピックやパラリンピックを目指すトップアスリートをサポートしたプログラムで、ロンドンオリンピックの際は内村航平選手をサポートした。ソチオリンピックに向けては、全世界で約30名の選手が参加予定となっており、日本からも高梨沙羅選手が選出された。また、全日本スキー連盟ともスポンサーシップ契約を締結している。観戦ツアーについては、バンクーバーオリンピックの際は1万7,000人が応募したが、今回は2万人の応募を見込んでいる。

visasochi1Visaのオリンピック資産活用に向けては、Visa自身が行うプロモーションに加え、国内のイシュアも告知が可能となっている。具体的には、Visaが実施するプロモーションをイシュアのカードホルダーも告知できる。また、イシュア独自の商品によるプロモーションも可能だ。

なお、イシュアは、「冬季オリンピック招待パッケージ」「Team Visa所属選手肖像」「オリンピックデザインVisaカードの制作」「Visa公式オリンピック/パラリンピックロゴの使用」「オリンピック関連イメージ画像の使用」「Visaオリンピックプレミアムグッズの提供」「Visaソチ2014ツールキットの使用」が可能となる。

同会議では、駐日ロシア連邦臨時代理大使 ゲンナーディ.A.オヴェチコ氏が挨拶を行った。また、2020年の東京五輪が記憶に新しい日本オリンピック委員会 会長 竹田恆和氏も駆けつけ、スピーチを行った。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP