インターネット行動ログ分析サービス「eMark+ Lite」を提供(クレディセゾン/ヴァリューズ)

2013年10月18日17:41

クレディセゾンとヴァリューズは、自社サイトへの集客拡大を図るための課題解決方法を発見するソリューションとして、ネットユーザーのインターネット行動履歴を分析するリサーチツール「eMark+Lite(イーマーク・プラス・ライト)」をASPサービスとして2013年10月21日より提供すると発表した。

eMark+liteのイメージ(出典:クレディセゾンとヴァリューズのプレスリリース)
eMark+liteのイメージ(出典:クレディセゾンとヴァリューズのプレスリリース)

今回クレディセゾンとヴァリューズが共同でサービス開発を行った「eMark+Lite」は、クレジットカード会員から構成する約20万人の モニター会員を対象にしたインターネット行動ログを分析するリサーチサービスとなる。リサーチしたいサイトを最大5つまで指定でき、各サイトのアクセスログ(サイトアクセス数、流入元サイト、流入検索ワード、ランディングページ等)を時系列で確認できる。指定したサイトへの流入を伸ばしているネット広告や検索キーワード、および具体的なランディングページを確認することができるため、サイト集客に寄与している各社サイトの取り組みの把握ができるという。

クレディセゾンは、約930万人(今回リサーチ対象となるのは、ネット会員でモニター登録を行った会員約20万人)におよぶネット会員資産を活用し、ポイントサイト「永久不滅.com」をはじめとした各種送客サービスを積極的に推進しているが、 今回の「eMark+Lite」を通じ、ネットビジネスを展開している事業会社を対象にこれまでの送客サービスに加え、サイト集客に向けた課題解決方法の発見のためのリサーチツールとして活用してもらいたいそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP