2014年1月7日8:00

世界各地で採用が進むジェムアルトのNFCサービス

ジェムアルト(Gemalto)は、NFC SIMやセキュアエレメント、TSM(Trusted Service Manager)のサービスをグローバルに展開している。国内でも3キャリアにMNO-TSMのサービスを提供しており、SP-TSMでは大手印刷会社と提携した。同社のサービスについて、ジェムアルト マーケティングディレクター モバイル・ファイナンス・サービス Dominique Brulé氏に話を聞いた。

NFCのSIMカード、MNO-TSM、SP-TSMで多くの実績を築く
日本のモバイル3キャリアにMNO-TSMサービスを提供

ジェムアルト マーケティングディレクター モバイル・ファイナンス・サービス Dominique Brulé氏
ジェムアルト マーケティングディレクター モバイル・ファイナンス・サービス Dominique Brulé氏

--まずはジェムアルト様のNFCサービス、金融ビジネスとの関わりについてお聞かせ下さい。
Dominique Brulé:NFCについては、NFC SIMの提供、MNO(モバイル・ネットワーク・オペレーター)およびSP(サービス・プロバイダ)の両TSMを提供しています。また、金融ビジネスについては、VisaやMasterCardに対し、セキュアなアプリケーションを提供しています。マーケットシェアについては定まっていませんが、NFCのSIMカード、MNO-TSM、SP-TSMのいずれもトップであると思います。

――TSMの海外での実績についてはいかがでしょうか?
Dominique Brulé:アメリカではジョイントベンチャーのISISのTSMで利用されています。また、銀行のChase、カードブランドのAmerican Express、欧州ではキャリアのVodafone、T-Mobileグループ、Orange、Telecom Italia などにサービスを提供しています。さらに、南米ではブラジルで採用されました。アジアではシンガポールのIDA(Infocomm Development Authority)が推進する国家プロジェクトで採用されており、SIMカードとTSM(SP/MNO)で大きなマーケットシェアを獲得しています。日本では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルにサービスを提供しています。

――香港ではFeliCaアプリケーション対応のNFC SIMを現地のオペレーターに提供しましたね。
Dominique Brulé:ICカードの規格としては、フランス等ではCALYPSO、米国ではMIFARE、日本や香港ではFeliCaを利用しています。我々としてはすでに存在している各チップに付加価値を与えるシステムを作りました。既存のシステムを生かし、アプリケーションをSIMカードにエミュレーションする形を採っています。香港で行われている実証実験ではFeliCaアプリケーションを搭載したSIMカードを現地のモバイル・ネットワーク・オペレータ(PCCW-HKT)に提供しています。

欧州では非接触リーダの設置台数が徐々に増える
日本はFeliCaをベースにNFCのSIMカードを開放する動きが加速?

CARTES 2013のジェムアルトのブースでは、仮想店舗において、NFCスマートフォンへの登録、クーポンの配信、決済までのデモを実施
CARTES 2013のジェムアルトのブースでは、仮想店舗において、NFCスマートフォンへの登録、クーポンの配信、決済までのデモを実施

――NFCの本格的な普及に向けては課題が多いと言われています。
Dominique Brulé:NFCについては、非常に大きな進歩がみられると思います。例えば、決済の読取端末の課題があるといわれていましたが、コンタクトレス(非接触)のインターフェースが増えており、ヨーロッパでは20~25%がNFCをサポートしています。この数が増えてくればさらに普及すると思います。すでに、ポーランドやイギリスでは端末の設置が進んでいます。

――例えば、「Smart Wallet」を提供するシンガポールではNFCを搭載したSIMカードのコストが課題になっていると言われていますが?
Dominique Brulé:NFCの展開については初期の段階であり、ボリュームが出てくればSIMカードのコストも下がると考えています。

――海外の場合は、SP-TSMとMNO-TSMなども含めたエコシステムの構築が難しいと言われています。
Dominique Brulé:TSMについては色々な構成があると言われています。一般的な構成としてはMNOが一カ所にあり、そこがセキュリティドメインの管理をしています。また、SP-TSMが別にあり、PINコードの入力など、ライフサイクルのマネジメントを行っています。

――今後のNFCビジネスについての目標は?
Dominique Brulé:NFCについては希望があると感じており、お客様によりよいサービスが提供できると考えています。これは支払いのサービスに関して必要なものであると理解しています。市場としては、エコシステムを構築してスムーズに物事が進んでいくようにしなければならないと思います。

――日本のマーケットについてはいかがでしょうか?
Dominique Brulé:日本は、FeliCaをベースとしたうえでNFCのSIMカードを開放していく動きが進むと思います。日本は非接触の技術として成熟しており、普及がさらに加速するでしょう。ジェムアルトとしても日本でエコシステムを構築していく方向で動いています。

※取材は「CARTES 2013」会場にて

香港「Octopus」で「モバイルFeliCa」をSIM上で実現

ソニーは、CARTES 2013において、香港のOctopus Cards Limited(八達通/Octopus)が、キャリアのPCCW-HKTと協力して実験を行っているモバイルを活用したNFC SIMによるチケットシステムのデモを行った。

香港のIC乗車券「Octopus」で行われているNFC SIM上にフェリカアプリを搭載したサービスのデモ
香港のIC乗車券「Octopus」で行われているNFC SIM上にFeliCaアプリを搭載したサービスのデモ

Octopusカードは、日本のSuicaよりも早い1997年9月にスタートした乗車券/電子マネーサービスとなり、2,300万枚を超えるカードが発行されている。同実験では、PCCW-HKTのXperia6機種を利用して、希望者5,000名を対象に実施。スマートフォンにはジェムアルトの「NFC SIM」を搭載し、ソニーはFeliCaアプレットのライセンスをオクトパスに提供している。

これまで、国内のキャリアが提供するモバイルFeliCa ICチップは、携帯電話やスマートフォンに内蔵されるケースが多かったが、「今回はJavaの上にアプレットで載せているため、FeliCaとTypeA/Bを共存することもできます。また、GSMAで策定したSIMカードとNFCの接続の仕方を定めたSWP(Single Wire Protocol) の方式に則っています」と、ソニー プロフェッショナル・ソリューション事業本部 FeliCa事業部営業部 担当部長 竹澤正行氏は説明する。

日本のキャリアもグローバル標準であるSIMで提供するという話もあるため、今後はFeliCaチップを搭載したサービスの選択肢が大きく広がりそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP