米国でEMV ICカード化を推進する「Smart Card Alliance」の活動は?

2014年2月18日9:30

米国でEMV ICカード化を推進する「Smart Card Alliance」の活動は?

欧州では、SEPA(Single Euro Payments Area)によるEMV ICカード化が進められ、対面での不正利用が大きく減少したと言われている。その一方で、カード大国の米国では、磁気カードによる決済が中心で、ペイメントカードのEMV化は遅れている状況だ。米国でICカード技術の普及・促進を図る団体「Smart Card Alliance(スマート・カード・アライアンス)」のエグゼクティブディレクター Randy Vanderhoof氏に、米国でのEMV IC化について話を聞いた。

磁気カードからEMV ICカードへの移行を促す
150の会社がメンバーとして参加

――まずはSmart Card Allianceの取り組みについてお聞かせください。
Randy Vanderhoof:Smart Card Allianceは、ICカードについて理解、促進させるための非営利の業界団体です。米国の支払いのマーケットはさまざまで、金融機関、ペイメントのゲートウェイなど、多くの会社が存在します。しかし、多くのプレイヤーは磁気カードを使用しています。それをEMV ICカードに移行させるのは大きな取り組みとなります。

Smart Card Alliance エグゼクティブディレクター Randy Vanderhoof氏
Smart Card Alliance エグゼクティブディレクター Randy Vanderhoof氏

米国の市場において、効率よくEMV ICカードへ移行するために、フォーラムの開催など、準備のために何をするのかをサポートしています。フォーラムでは、ペイメントブランド、金融機関、マーチャント、ペイメントゲートウェイ、POSターミナルやスマートカードの製造会社、インテグレータ、テストを行う組織など、さまざまなプレイヤーがEMV ICカードへ移行させていく取り組みを行っています。

――具体的な取り組みについてお聞かせください。
Randy Vanderhoof:ミーティングは年に6回行っています。ワーキングコミニティでは教育、意識・気づきを高める、(磁気からの)インフラをどのように変えるか、EMVコンタクトレスへの移行などについて話し合われています。実績として、データ・ディクショナリを作成しました。また、イシュア(カード発行会社)や流通・小売りのグループを設けました。

さらに、ATMにフォーカスしたグループもあります。米国は複雑なデビットカードのネットワークがあります。デビットカードのプロバイダが特化した、EMVの規制について話し合わなければいけません。デビットカード・コミッティがATMに特化した問題について話し合っています。

また、EMVについて教育するためのドキュメントも作成しました。これは自由にWebサイトで閲覧可能です。

――現状のメンバーについてお聞かせください。
Randy Vanderhoof:現在、150の会社がメンバーとして加わっています。EMVの移行には年数が必要ですが、長期的なサポートをすべてのイシュアやカード業界、コンシューマが理解できるまでサポートしていくのが目的となります。

現状、1,500万枚のカードが発行
2015年までに5億枚の発行を予定

――ICカード対応のPOS・決済端末を未設置の加盟店におけるカード偽造の債務責任がアクワイアラに課せられるようになる“ライアビリティシフト”が2015年10月以降に行われますが、成果として挙がってきていますか?(ガソリンスタンドを除く)
Randy Vanderhoof:ライアビリティシフトは、不正に対する負債の責任が変わります。特に政府の関与はなく、Visa、MasterCard、American Express、Discoverが決めています。2015年移行、1~2年経ってEMV化が進んでいくでしょう。

――現在、EMV ICカードの発行はどの程度進んでいるのでしょうか?
Randy Vanderhoof:現状、1,500万枚が発行されていますが、まだまだ米国の市場から考えると初期の段階です。現在の米国のペイメントカードの発行枚数は12億2,000万枚となっており、2015年までに5億枚の発行を予定しています。

――EMVコンタクトレスに関してはいかがでしょうか?
Randy Vanderhoof:多くの金融機関は興味を持っているようです。また、流通店舗もスピードや効率化が図れると期待しています。特に、輸送、ファーストフード、タクシー、自動販売機などの業種がEMVコンタクトレスに関心を持っています。

※取材はCARTES 2013にて

⇒⇒安心・便利なクレジットカード決済に向けて
   「ペイメントカード・セキュリティフォーラム2014」を3月25日に開催

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP