キャリア決済導入のメリットについてSBPSが解説

2014年3月7日8:00

キャリア決済導入のメリットについてSBPSが解説

ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は、2014年3月6日、公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)が主催する「通販ワークショップ2014」において、「売上拡大!スマホでオンライン決済」と題したセッションを行った。同セミナーでは、SBPS営業本部 決済ビジネス推進室 室長 酒井暁氏が携帯キャリア決済導入のメリットについて解説した。

2012年以降、スマホ決済が急成長
日用品・健康食品もスマホで購入される時代に

営業本部 決済ビジネス推進室 室長 酒井暁氏
営業本部 決済ビジネス推進室 室長 酒井暁氏

ソフトバンクグループは、1,300社の企業を抱えているが、ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は、オンライン決済サービスを展開している。調査機関によると、決済代行サービスのマーケットシェアで№1の立ち位置となっているそうだ。酒井氏は、「わずか4年間で売り上げは2倍となり現在、4万弱のマーチャント(加盟店)にご利用いただいています」と説明する。

ECサイトが決済処理事業者のサービスを利用するメリットとしては、各決済機関との契約の煩雑な業務を代行でき、精算業務も効率化可能だ。また、シングルインターフェースでさまざまな手段を提供できるため、ECサイト側のシステム開発も不要となる。

SBPSの強みとしては、クレジットカード、携帯キャリア決済、ポイント決済、ウォレット決済、海外決済、プリペイド/電子マネー、ネットバンク/銀行決済、コンビニ決済など、数多くの決済手段を用意している点だ。中でも近年注目を集めるのが携帯キャリア決済であるという。

昨今のオンライン決済のトレンドとしては、PCに加え、スマートフォンの売り上げの増加が挙げられる。特に2012年からスマートフォンの売上が爆発的に伸びているそうだ。

その際に便利に利用できるのが携帯キャリア決済だ。スマートフォンの利用料金の平均は7,500円弱だが、ネットショッピングの利用金額は約5,000円となっている。また、利用者の約10%が1万円以上の購入を行っているそうだ。携帯キャリア決済は当初、デジタルコンテンツの利用が中心だったが、最近では日用品・健康食品もスマホで購入される時代となった。

若年層に加え、シニア層の取り込みも可能
ユニークユーザーは半年間で約2倍に購入金額が拡大

SBPSでは、携帯キャリア決済を導入するメリットとして、①新規獲得、②売上拡大、③リスク回避、④購買率の面でメリットがあるそうだ。

携帯キャリア決済導入のメリット
携帯キャリア決済導入のメリット

まず、新規の獲得では、ビジネスの拡大を図るうえでクレジットカードを持っていない層を取り込めるという。また、スマートフォンは若者の利用が多いイメージがあるが、ソフトバンクモバイルと共同開発した「ソフトバンクまとめて支払い」のデータを見ると、40代以上のシニア層が30%以上の利用を占めている。

また、「ソフトバンクまとめて支払い」の1ユニークユーザーあたりの決済金額をみると、半年間で約2倍に購入金額が拡大しているそうだ。与信枠も「ソフトバンクまとめて支払い」の場合、最大10万円までの利用が可能となっている。

さらに、「ソフトバンクまとめて支払い」の場合、未回収時の債権をSBPSが買い取るため、加盟店は未回収のリスクがないのが特徴となっている。

ユーザビリティの面では、4桁のパスワードを入力するだけで簡単に支払いが可能だ。パスワードは次回以降省略も可能でリピート率が高いため、かご落ちを軽減できるという。

加えて、SBPSはソフトバンクグループの企業でありながら、NTTドコモやKDDIのキャリア決済を取り扱うことも可能となっている。

JR東日本の携帯キャリア決済に採用
「ソフトバンクまとめて支払い」継続課金サービスを提供開始

導入企業の売上も順調に拡大している。すでにECショッピングサイト、映画館のチケット予約、動画サービス、保険、レディースファッション、フラッシュマーケティングなど、数多くの分野で携帯キャリア決済を導入しており、具体的な成果が表れているそうだ。

「ソフトバンクまとめて支払い」継続課金サービスもリリース
「ソフトバンクまとめて支払い」継続課金サービスもリリース

新規導入としては、2014年3月9日からJR東日本の携帯キャリア決済に採用された。また、都度課金に加え、「ソフトバンクまとめて支払い」継続課金サービスもリリースし、飲食、サプリ、コスメ、定期宅配、新聞・雑誌などの分野で便利に利用可能となった。

また、ソフトバンクグループならではの強みとして、メディアと協力した送客支援も可能であるという。さらに、インターネットの決済処理事業者としてはじめて、Visa、MasterCardのライセンスを取得。これにより、競争力のある価格でサービスを加盟店に提供できるという。

企業名 所在地 HP MAIL
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 〒105-8025
東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25F
[TEL] 03-6889-2131 [FAX] 03-6215-5264
HP
メール
サービス概要
クレジットカード決済、Webコンビニ支払い、電子マネー決済など、業界最大級の決済手段を取り揃えております。
携帯キャリア決済や、スマートフォンにもいち早く対応。
事業者様の幅広いニーズにお応えし、好評を頂いております。
※ISMS、PCI DSS等のセキュリティ認証も取得。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP