NFC対応SIMカード「SIMPass」を提供、FeliCaにも対応へ(WatchData)

2014年4月18日10:30

NFC対応SIMカードとアンテナを付けた「SIMPass」「SIMpass-SC」を提供
ソニーの「FeliCa」にも対応を予定

WatchData Technologiesは、セキュアなSIMカードに付属のアンテナを追加することでNFCサービスを提供可能な「SIMPass」「SIMpass-SC」を提供している。すでに中国やタイなどで実績があり、ソニーのFeliCaへの対応も発表されている。同社の取り組みについて、プロダクツ&ソリューションズ デパートメント テレコムビジネス ディレクター David Renno氏に話を聞いた。

新製品の「SIMpass-SC」は、アンテナがSIMカードの中に搭載
タイでは12万5,000人、中国では800万人が利用

watchdata――まずは、御社と決済ビジネスとの関わりからお願いします。
David Renno:弊社はスマートカード(ICカード)カンパニーです。ペイメントのアプリケーションをスマートカード、SIMカードに載せて提供しています。デュアル・インターフェースのSIMカードについては、「SIMpass」と「SIMpass-SC」を販売しています。新しいバージョンの「SIMpass-SC」については、アンテナがSIMカードの中に搭載されています。価格については、搭載されているアプリケーションなどにより異なります。

――SIMカードを提供する企業はほかにもありますが、他社との差別化についてお聞かせください。
David Renno:競合と違うところは、このSIMカードはセキュアエレメントおよびアンテナを搭載しています。インターフェースは、ETSIで標準化されたSWP(Single Wire Protocol)を採用しています。インフィニオンのチップを使っており、非接触のアプリをJavaの上に載せています。弊社ではOS(オペレーティングシステム)を開発してカードを製造しますが、アンテナの設計は自ら行い、製造は第三者に依頼しています。

「SIMpass」(左)と「SIMpass-SC」(右)の搭載イメージ
「SIMpass」(左)と「SIMpass-SC」(右)の搭載イメージ

――現在の実績はいかがでしょうか?
David Renno:すでに、タイと中国で実績があります。タイでは12万5,000人、中国では800万人が利用した実績があります。タイではバンコクなどのリテール、中国では地下鉄で利用されています。TSMのサーバを構築してダウンロードすることも可能ですが、中国の場合はほとんどインストールされています。

SIMについては、MNO(モバイル・ネットワーク・オペレーター)が購入してカスタマーに売るのが1つのビジネスとなります。

――ソニーのFeliCaへの対応も発表されていますね。
David Renno:FeliCaと契約を行っています。現状、SIMPass はFeliCaには対応していませんが、将来的には可能です。China Telecom(チャイナテレコム)にSIMカードを販売する際に、オクトパスと中国の交通機関で使えるようにするために、2つのアプリが必要となります。

年間100万個の販売を目指す
FeliCa対応も2015年までには実施予定

――NFCスマートフォンでサービスを提供する国では、SIMカードのコストも普及の妨げになっているという声もあります。
David Renno:SIMカードのコストだけが妨げの理由ではありません。10倍といっても0.3ドルのものが3ドルになっただけです。それよりも技術的な課題があります。端末の中にSIMを入れるとすぐに利用できると思う方もいるかもしれませんが、固定になっているのでチューニングできません。ユーザーは、SIMを装着した後に何回も決済して失敗するとフラストレーションがたまります。

また、MNO(モバイル・ネットワーク・オペレーター)と銀行、交通機関との利害関係です。銀行や交通機関が毎月支払う金額面なども課題となっています。

そして何より、エンドユーザー自体がそんなメリットを感じないことも挙げられます。本当にカードと一緒だったらNFCサービスを提供する必要はありません。

NFCの普及のために必要なことは、まずは面白いアプリケーションが挙げられます。例えば、銀行、決済、交通等のアプリケーションを、セキュリティを担保したうえで提供することが重要です。SIMカードの中のオペレーションはセキュアですが、端末とSIMカードの更新がセキュアではありません。エンドユーザーがセキュリティの問題がないと実感していないと普及しません。そして簡単にスマートフォンのアプリをダウンロードするように、SIMカードにアクセスできる必要もあると思います。

WatchData Technologies プロダクツ&ソリューションズ デパートメント テレコムビジネス ディレクター David Renno氏
WatchData Technologies プロダクツ&ソリューションズ デパートメント テレコムビジネス ディレクター David Renno氏

――NFCの世界ではHost Card Emulation(HCE)が注目されています。
David Renno:HCEは魅力的で革新を起こす可能性はあると思いますが、セキュリティ面の問題が解決されていません。HCEはソリューションではなくただのチャネルです。Googleはクラウド上でプラットフォームを提供しますが、ダウンロードした後に暗号化をどうするかがポイントです。

――今後の販売目標についてお聞かせください。
David Renno:年間100万個以上は発売したいですね。FeliCaへの対応も2015年までには行う予定です。

※取材は「モバイル・ワールド・コングレス」にて

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP