2014年4月25日 00:00

JALのマイルを貯めるクレジットカード 第2回目

株式会社ポイ探 代表取締役 菊地崇仁

“陸”だけでマイルを貯めるのであれば
「JALカード」では「普通カード」がベスト

“陸”だけでJALのマイルを貯める場合は、「JALカード」のCLUB-Aカード以上を保有するメリットはないと考えて良いだろう。入会・継続マイルに関しては、「フライトマイル加算」条件があるため、特典航空券で獲得したチケットでは獲得できないからだ。また、「JALカード」にはグレードに限らず年間利用額に対してボーナスマイルは付与されない。そのため、普通カード+ショッピングマイル・プレミアムがベストだ。

「JALカードTOP&ClubQ」(出典:JAL)
「JALカードTOP&ClubQ」(出典:JAL)

また、「JALカード」の普通カード7枚の中で、JMB WAONへのチャージでマイルが付与されるクレジットカードは「JAL・JCBカード」、「JAL・Visaカード」、「JAL・MasterCard」、「JALカードTOP&ClubQ」の4枚だ(「JALのマイルを貯めるクレジットカード 第1回目」参照)。

この4枚の中で一番マイルが貯まりやすいカードは「JALカードTOP&ClubQ」だろう。全国の東急百貨店、東急ストア等、TOKYUポイント加盟店での利用であれば、ショッピングマイルに加え、TOKYUポイントも同時に貯まる。貯まったTOKYUポイントは2000ポイントを1000マイルに交換可能だ。東京近郊の場合は、PASMOオートチャージ設定をしておくと、オートチャージ分もショッピングマルの積算対象となる。東急沿線であれば、迷う必要はない。

東急沿線以外の場合の使い道はあるだろうか? 東急百貨店、東急ストア等が近くにないエリアの場合、「東急百貨店ネットショッピング」を使うと良い。母の日や、お歳暮・お中元等のギフトを買えば、東急百貨店の最低3%分のTOKYUポイントも貯まり、JALカード ショッピングマイルも同時に貯まる。もちろん、JMBモール経由の場合は、さらに100円につき1マイルも別途貯まる。

例えば、年間120万円利用し、そのうち東急百貨店ネットショッピングで8万円利用したとする。ショッピングマイル・プレミアム加入の場合、ショッピングで貯まるJALマイルは1万2000マイルだ。また、東急百貨店ネットショッピングの利用分が、別途TOKYUポイントとして2400ポイント貯まるため、マイルへの移行で1000マイル獲得できる。合計すると1万3000マイル。還元率としては1.083%となる。

※交換できない400 TOKYUポイントが残っている
※JMBモール経由のマイルは考慮しない

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
ゴールド、プラチナの「SAISON MILE CLUB」

jal2
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」(出典:クレディセゾン)

“陸”だけで貯めるのであれば、「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」も魅力的だ。「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の3種類あり、これらのカードは「SAISON MILE CLUB」に申し込むことができる。「SAISON MILE CLUB」を申し込むと、ショッピングの利用で貯まる永久不滅ポイントを、自動でJALマイルに移行する事が可能だ。

1000円につき10マイルと還元率は1%。さらに、2000円ごとに1永久不滅ポイントも同時に加算され、200永久不滅ポイントを500マイルに交換できる。

年間120万円利用した場合は、1万2000マイル+600永久不滅ポイント=1万3500マイルの獲得となる。還元率は1.125%。クレジットカードの年会費、「SAISON MILE CLUB」の年会費を考慮すると、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は「JALカード」のCLUB-Aゴールドカードよりも還元率が良く、年会費も安い。

カード名 年会費(税別) SAISON MILE CLUB
年会費(税別)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 1万円 4000円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万円 無料
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 2万円
(年間200万円以上の利用で10000円)
無料
参考:JALカードTOP&ClubQ CLUB-Aゴールドカード 1万6000円

ボーナスポイントが充実している
「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」

さらに年会費は上がるが、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」もJALマイルを多く貯められるクレジットカードだ。基本ポイントは、月額利用1000円ごとに1グローバルポイント。

「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」(出典:三菱UFJニコス)
「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」(出典:三菱UFJニコス)

このグローバルポイントを効率よくマイルに交換できる「マイレージプログラム」に参加すると1グローバルポイントを8マイルに交換可能だ(参加しない場合は500グローバルポイントが1000マイル)。1000円につき8マイルのため、還元率としては0.8%。通常利用の場合、還元率は「JALカード」以下になるが、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」はボーナスポイントが優れている。

例えば、年間100万円利用すると、翌年は50%のボーナスポイントが付与される。そのため1000円につき12マイルと還元率は1.2%。さらに、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」には「プレミアムスタープログラム」がある。年会費の支払いで★が1つ付与、年間50万円以上の利用で更に★が1つ付与。この★が5つ貯まると、「プレミアムBONUS」として、前年1年に獲得した基本ポイントの20%分が付与される。

これらのボーナスポイントを考慮すると還元率は1.36%。海外利用は2倍、誕生日月は1000円につき2ポイント付与(1ポイント分はボーナスポイント)など、使えば使うほどマイルを貯められるカードとなっている。

ただし、「マイレージプログラム」はクレジットカードの年会費とは別に3000円(税抜)必要となり、JALマイルへの移行時に別途6000円(税抜)が必要だ。さらに、6000円(税抜)で交換できるポイント数は1900ポイント(15200マイル)までとなっているため、3000ポイントを交換するには、通常の年会費2万円(税抜)に加え、「マイレージプログラム」の年会費3000円(税抜)、さらに交換手数料として12000円(税抜)が必要となる。

年間120万円利用した場合を考える。1年目、2年目は1万5200マイル貯まるため、還元率は1.27%、3年目以降はプレミアムスタープログラムの20%分が加算され、還元率は1.43%とアップする。ただし、3年目以降は年間獲得ポイントが1900ポイントを超えるため、JALマイルの移行手数料が1万2000円(税抜)となる。したがって、年会費と手数料を合計すると3万5000円(税抜)と高額になる。

ポイント 1年目 2年目 3年目 4年目以降
基本ポイント(1000円につき1ポイント) 1200 1200 1200 1200
初年度ボーナス(国内) 600
アニバーサリーポイント(誕生日月2倍ボーナス) 100 100 100 100
グローバルPLUS(100万円以上利用毎) 600 600 600
プレミアムBONUS ファイブスターメンバー達成時 240
それ以降 240
合計 1900 1900 2140 2140
マイル移行 15200マイル 15200マイル 17120マイル 17120マイル

結論

最後に、「JALカードTOP&ClubQ 普通カード」「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」を比較する。全て年間120万円利用した場合で考えてきたため、その結果をまとめる。

カード名 年会費+手数料(税抜) 獲得マイル数 還元率
JALカードTOP&ClubQ 普通カード 5000円 1万3000マイル 1.083%(東急で8万円利用した場合)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 1万4000円 1万3500マイル 1.125%
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万9000円~3万5000円 1万5200~1万7120マイル 1.27~1.43%

「JALカードTOP&ClubQ 普通カード」と「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を比較すると、年会費+手数料で9000円の違いがある。しかし、獲得できるマイルの差は500マイル。東急関連での買い物が無い場合、9000円で1500マイルの差となるため1マイル=6円。先日、ANAカードの比較の時に1マイルの価値を考えたが、1マイル6円は効率が良いとは言えない。「JALカードTOP&ClubQ 普通カード」の方が有利だろう。

次に、「JALカードTOP&ClubQ 普通カード」と「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」を比較する。「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の3年目に獲得するポイントの240ポイントを有効期限3年間ギリギリで交換すると考え、年会費+手数料の2万9000円で1万7120マイル獲得できるものとして考える。2万4000円の年会費アップで4120マイル多く獲得できるため1マイルの価値としては5.82円。東急関連での買い物がない場合は、5120マイルの差となるため、1マイル=4.69円。どちらの場合でも、「JALカードTOP&ClubQ 普通カード」の方がコストパフォーマンスが良いと言える。

“陸”でJALのマイルを貯めるのであれば、年会費・還元率を考えても「JALカードTOP&ClubQ」の「普通カード」がベストだろう。JALカード特約店を利用する。WAONを利用できる店舗では、「JALカードTOP&ClubQ」でJMB WAONにチャージし、JMB WAONで支払う。WAONマイル特約店を利用する。これだけでも「JALカード」を利用する価値はあるだろう。

もちろん、年会費は気にしない場合は「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」が一番マイルの貯まるカードとなる。

●関連記事
セゾンカードとアメリカン・エキスプレスの強みを集約「セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード」(クレディセゾン)
信頼の高品質とコストパフォーマンスの両立、「MUFGカード」(三菱UFJニコス)

菊地 崇仁(きくち たかひと)

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。著書は「新かんたんポイント&カード生活(自由国民社)」、「得するポイント(カード)の貯め方・使い方(日本監督協会)」。運営サイトは「ポイント探検倶楽部(ポイ探)」「株式会社ポイ探」「菊地崇仁オフィシャルホームページ」等。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP