新興国ではSMSベースのモバイルペイメントが成果を上げる

2014年7月14日8:00

新興国ではSMSベースのモバイルペイメントが成果を上げる(Mの時代)

インターネット決済は、大きく分けてパソコンデバイスとモバイルデバイスのペイメントに分けられる。モバイルデバイスベースのペイメントに関する分類には、いろいろな方法がある。その中で、“モバイル近接(Proximity)型ペイメント”と“モバイル遠隔(Remote)型ペイメント”の2つに大きく分類する方法がある。モバイル近接(Proximity)型ペイメントには、NFC(Near Field Communication)モバイルペイメント、2次元バーコード(QRコード)を用いるバーコードペイメント、数値コード(Numeric-code)ペイメント、Beaconを活用した方法などがある。

 Safaricomでは「Safaricom/M-PESAプリペイドVISAカード」を発行している(出典: SafaricomのWebサイト)
Safaricomでは/M-PESAプリペイドVISAカードも発行している(出典: SafaricomのWebサイト)

また、2010年に登場してきた“Squareレジスター”や“PayPal Here”、“Intuit Go Payment”などのカードリーダをスマートフォンやタブレット端末機のミュージックジャックに装填し、高機能のカード決済端末機として用いるモバイルPOSペイメントもモバイル近接(Proximity)型ペイメントに含まれる。

一方、“モバイル遠隔(Remote)型ペイメント”は、ケニアの“M-PESA”やフィリピンの“G-Cash”のようなSMS(Short Message Service)、E-メールを用いたメッセージベースのモバイルペイメントや“PayPalモバイル”のようなウェブブラウザベースのモバイルペイメント、アプリケーションベースのモバイルペイメントなどがある。

“モバイル遠隔(Remote)型ペイメント”は、銀行口座を有しない“under banked”層に対して金融アクセスをサポートし、モバイルデバイスを用いることにより、セキュリティや決済にかかわる追跡機能を提供することができる。“モバイル遠隔(Remote)型ペイメント”を提供するモバイルネットワークオペレーターは、いくつかの金融サービスの提供機能を持つことが求められる。“モバイル遠隔(Remote)型ペイメント”は、先進国のようなPOS決済のインフラが不要で、個人間(P2P)決済や、公共料金の支払いなどP2G、各種給付金の支給などG2P決済が非対面で可能である。

例えば、インド、タイ、フィリピン、ケニアなどの新興国や経済発展途上国でも日本や欧米先進国に負けないくらいモバイルの普及が進んでいる。ケニアやタンザニアなどのアフリカ、インドやパキスタン、バングラデシュなどの南アジア、フィリピンやマレーシア、タイなどの東南アジアといった新興国や経済発展途上国で、SMS(Short Message Service)というモバイルフォンのメッセージ機能を使って送金や請求書の支払いなど、ペイメントに関する情報をやり取りする遠隔(Remote)型のモバイルペイメントソリューションが展開され、M-PESAやG-Cashなどのモバイルペイメントソリューションは成果を上げ、新たな事業者の参入も後を絶たないと言われる。

一方、国内でもサービスを展開するPayPalのモバイル遠隔(Remote)型ペイメントは、WAP/Webベースの“PayPalモバイルペイメント”や“PayPalモバイルエクスプレス”を、モバイル近接(Proximity)型ペイメントではモバイルPOSペイメントの“PayPal Here”をすでに展開しているほか、2013年9月にモバイル財布の“PayPal Beacon”を発表している。このほかにも、Pay Palはモバイルフォンキャリアによる課金プランの“Zong”を2011年7月に傘下に収めているほか、“Snappay”、“card io”などとモバイルペイメントでタイアップしている。

レポート「モバイルペイメント要覧」では、このようなモバイルペイメントの動向について、詳しく紹介している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP