2015年5月27日9:00

動的な認証でペイメントカードの不正利用を防止
セキュリティコードを可変させる新カードで加盟店の負担を軽減

NAGRA ID Securityは、国際ブランドのワンタイムパスワードカードを提供する企業の1つである。同社が製造するディスプレイカードを利用すれば、動的な認証でペイメントカードの不正利用を防止可能だ。NagraID Security マーケティングマネージャーのLaval LAW氏に同社の取り組みについて説明してもらった。

ディスプレイカードはバンキング、ノンバンクに分かれる
新カード発行により加盟店のシステム対応が不要に

――まずは、現状のディスプレイカードの発行状況をお聞かせください。
Laval LAW:現在は、ディスプレイカードは複数のセグメントに分かれており、大きくクレジットカード等のバンキング、それ以外のノンバンキングとなります。ノンバンキングは、エンタープライズ、DPN、コーポレート、バーアクセス、ID・パスポート、ドライビングライセンス、健康保険証などとなっております。

バンキングカードは、安全性が高まるため消費者側の受けは非常によいです。ただ、コストだけを見るとイシュア(カード発行企業)側が躊躇する場合もありますが、全体的に受け入れられていると思います。

――たとえば、シンガポールでは、2013年にシンガポールのスタンダードチャータード銀行がEMV取引も可能なディスプレイカードを導入されました。御社のワンタイムパスワードカードは、16桁のカード番号に加え、6桁の数字を利用されていますね。現在のアップデートについてお聞かせください。
Laval LAW:16桁のカード番号に6桁を追加する場合、計24桁となり、ウェブサイトを運営するマーチャント(加盟店)のサイトに手を加える必要がありました。3桁のセキュリティコードを可変させるカードを開発しましたが、こちらはマーチャントが何をしなくても自動的に処理が可能です。

3桁のセキュリティコードを可変させるディスプレイカード
3桁のセキュリティコードを可変させるディスプレイカード

――日本のAmazonや楽天は最初にクレジットカード番号を登録し、ワンクリックで商品を購入できますが、このカードでも可能ですか?
Laval LAW:このカードでは、最初にカード番号を登録すれば、ワンクリック決済が可能です。3桁のセキュリティコードを可変させる新カードは2014年12月にローンチしましたが、テクノロジーやシステムについてよくわからない方も含め評判がよく、引き合いがあります。

MasterCardの認定を取得
テスト期間中に500万のカード発行を目指す

――現在、認定を受けられている国際ブランドについてお聞かせください。また、契約したイシュアについてもお答えください。
Laval LAW:すでにMasterCardの認定は受けています。また、VisaおよびAmerican Expressとも交渉中です。すでに契約しているイシュアもありますが、スタートするまでのテスト期間が必要です。たとえば、フランスはこのカードを国全体として標準にしていきたいという希望を持っています。

NagraID Security マーケティングマネージャーのLaval LAW氏
NagraID Security マーケティングマネージャーのLaval LAW氏

――新カードの価格、また、販売目標についてお聞かせください。
Laval LAW:確かに通常のクレジットカードよりは発行コストは高いですが、安全性が高く、保険なども含めてトータルに考えれば、コストは削減できると考えています。カードについても有効期限までは確実に使えます。目標としては、テスト期間中に500万の発行を目指していますが、将来的にはすべてのカードがこの形態になればいいですね。

――アジア・パシフィックエリアの展開はいかがでしょうか?
Laval LAW:シンガポールにおいて、16桁+6桁のカードが発行されていますが、セキュリティコードが可変するタイプはまだローンチされていませんので、これから広めていきたいです。現状、日本の市場には進出していませんが、チャンスがあれば出ていきたいですね。

――ノンバンキングの取り組みについてお聞かせください。
Laval LAW:ノンバンキングカードとしては、HID、VASCO(バスコ)、ベリサイン、シマンテックなどが取引先となります。キーフォブの場合、持ち運びが大変ですが、カード型は財布に入れて持ち歩けるので便利です。ノンバンキングは、スイスエアライン、PayPal(ペイパル)、コナミ、eBay(イーベイ)などで採用されています。

ノンバンクのカードはKONAMIでも採用
ノンバンクのカードはKONAMIでも採用

※取材はシンガポールで4月22日、23日に開催された「Cards & Payments Asia」のNAGRA ID Securityのブースにて

関連記事

ペイメントニュース最新情報

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP