医療ID盗難対策に生体認証(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月10日9:00

米国では2013年200万人の医療ID盗難があった(Ponemon Institute)。医療ID盗難とは、他人の医療IDを盗み、医療サービスや処方箋を受けることをいう。

 

被害者のうち問題解決した人は、わずか11%しかいない。医療ID盗難にあうと、医療費の請求が被害者にかかるだけでなく、保険金の支払いが高くなる。

 

さらに米国では、医療費支払い遅延でクレジットスコアも悪くなるというから大変な問題だ。200万人の医療ID盗難がもたらす経済的な影響は410億ドルになるとレポートは報告している。

ライトペイシャント(RightPatient)は生体認証サービスを開発。患者の生体認証データと医療記録を連動し、医療提供者が即時に患者を特定できるようにした。医薬情報の重複記録も防げる。

 

ライトペイシャントは指紋、指静脈、手のひら静脈、虹彩、顔認証を活用。現在860カ所のヘルスケア施設に採用されている。そこを訪れる患者数は年間3,000万人を超える。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP