じぶん銀行がセブン銀行ATMにおいてスマホで入出金できるサービスを開始、セブン銀行は他の決済・金融サービスでも展開へ

2017年3月24日11:18

じぶん銀行とセブン銀行は、2017年3月23日に東京大手町のKDDIホールで記者説明会を開催し、キャッシュカードを使わず、スマートフォンのみでATM入出金を利用できるサービス「スマホATM」を発表した。3月27日から、じぶん銀行の口座保有者は、2万3,000台以上のすべてのセブン銀行ATMでアプリケーションを使い利用できる。スマートフォンによるATM入出金サービスの全国規模での本格展開は、日本初の取り組みとなる。

セブン銀行ATMは全国2万3,000台以上設置、海外カードに対応
スマホで入出金できるサービスとして、全国規模での本格展開は国内初

2001年開業のセブン銀行は、国内屈指のATMネットワークを構築しているという。使えるカードは600種類、全国2万3,000台以上、年間8億件の取引がある。セブン-イレブンのネットワークに加え、駅・空港、商業施設などへ2,100台を設置している。セブン銀行ATMでは、海外発行カードへの対応、バリアフリー対応(音声ガイダンス・杖対応)、電子マネー「nanaco」のチャージなどの機能も有している。

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が各50%出資し、2008年設立。240万口座を有し、預金は7,600億円となっている。2016年6月にはじぶん銀行のアプリを全面リニューアルし、「タイムライン」を日本の銀行で初めて導入した。また、2017年3月27日は同機能を刷新し、タイムラインへの通知情報を大幅に増やした。

両社では、2016年6月に、じぶん銀行に口座保有者が、キャッシュカードを使わずにスマートフォンを使って、セブン銀行ATMで入出金取引ができるサービスの導入を決定したと発表した。そして、3月27日から、サービスが開始されることとなった。一部の銀行がスマートフォンによるATM入出金サービスを特定のATMのみで実施しているケースはあったが、全国規模での本格展開は国内初の事例となる。

既存のインフラを活用できるQRコードのスマホでの読み取り方式を採用
NFCやQRコードのスマホ生成よりもコスト削減が可能に

利用者は、スマホ銀行ATMで、「じぶん銀行」のスマートフォンアプリを起動し、ATM画面から入金・出金メニューを選ぶと、ATM画面にはQRコードが表示される。利用者はQRコードをスマートフォンで読み取ると、企業番号の「8333」が表示されるが、その番号と暗証番号(PIN)を入力すると紙幣を受け取ることが可能だ。

スマホでのQRコードの読み取り方式を採用した理由として、既存のインフラを最大限活用することで、コストを削減できることが大きかった。たとえば、NFCの場合、ATMの改造が必要であるが、QRはシステムのアップデートで利用が可能だ。QRコードをスマホで生成する場合、ATMへのカメラ設置など改造が必要だが、そういった投資も不要となる。また、iOSとAndroidのほぼすべてのスマートフォンで利用できる。さらに、利用者がQRコードの読み取りに比較的慣れていることも挙げられる。

QRコードはワンタイムで生成、トークン化技術を採用
「LINE Pay」でもQRコードの読み取り方式で展開へ

ATM画面に表示されるQRコードはワンタイムで生成される。また、同仕組みでは、カード番号を別の乱数に置き換えるトークン化技術が採用されているそうだ。そのほか、じぶん銀行のアプリ利用時の指紋認証、仮にスマートフォンを紛失した場合の遠隔で操作不可設定などにより、セキュリティは担保されるという。

なお、セブン銀行ATMにおいて、QRコードを表示させる仕組みに関しては、他の決済サービスでも応用可能だ。すでにLINE Payが提供するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する「LINE Pay」において、2017年春頃より、セブン銀行ATMでLINE Payへの入金(チャージ)と出金を可能とするATM利用提携を実施すると発表されている。今後は、LINE Payはもちろん、さまざまな金融・決済サービスへの展開を図る方針だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP