Visa、東京2020オリンピックを目指すトップアスリートの強化支援を目的に寄付金と同額をマッチング

2018年7月26日6:40

ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)と協働し、東京2020オリンピックを目指すトップアスリートの強化支援を目的に、「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」を新たにマッチング形式で開始すると発表した。2018年9月から2年間(予定)を予定している。2018年7月26日には、KITTE アトリウム (東京都千代田区)で記者説明会を開催した。

Visaカード保有者は直接1口500円から寄付が可能
寄せられた寄付が2倍になってアスリート支援へ

「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」は、Visaカード保有者が自身のカードを利用して、東京2020オリンピックを目指すアスリート支援を目的に寄付すると、その金額と同額をVisaは上乗せして寄付するマッチング式プログラムだ。Visaカードを保有者であれば誰でも、アスリート支援を目的に、直接1口500円から寄付が可能だ。

左からビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役社長 安渕聖司氏、JOCの竹田恆和会長、ボクシングの村田諒太選手も、フリーアナウンサーの加藤綾子さん

ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役社長 安渕聖司氏は、「いわば皆様から寄せられたご寄付が2倍になって届きます。アスリートを支援することで、2年後のオリンピックを盛り上げていきたいです」と説明する。寄付金の総額はJOCを通じて東京2020オリンピック実施競技団体へ分配、東京2020オリンピックを目指し、世界選手権などで活躍するアスリートのための強化費として活用される。

東京2020オリンピックの開催が2年後に迫ってきた。Visaは1986年から唯一の決済テクノロジーのスポンサーとして、30年以上にわたりオリンピックのワールドワイドスポンサーとして、オリンピックをサポートしている。

Visaは30年以上にわたりオリンピックをサポート
2020年は最もイノベーティブな大会に?

Visaでは、テクノロジーの活用により、アスリートや観客に対し、革新的で、便利、かつ安全な決済方法を提供してきたという。Visaカードは、オリンピックのチケットやオフィシャルグッズ、会場内での飲食物の購入に唯一購入できる国際ブランドだ。

2012年のロンドンオリンピックではサムソンと提携してNFCモバイル決済、2016年のリオオリンピックではVisaアカウントでの決済を可能にする指輪(リング)、2018年の平昌オリンピックでは決済対応グローブなどで支払いが出来る製品を開発している。JOCの竹田恆和会長は、「2年後の2020東京大会でも、市場最もイノベーティブな大会になると期待しています」と述べた。

また、Visaでは、2000年からは、出身国や経歴にかかわらずアスリートを支援する「Team Visa」を立ち上げて、400名以上のアスリートの夢を支援してきた。東京五輪2020年に向けては、サーフィンの五十嵐カノア選手、競泳の瀬戸 大也選手、BMXの中村 輪夢選手をTeam Visaの最初のアスリートに迎えている。安渕氏は、「幅広い競技種目、多様なバックグラウンドからなるチームVisaアスリートを拡充していきたいです」と意気込みを見せる。

Visaでは、2015年から、トップアスリートの強化支援をするための寄付プログラムである「with Visa」を展開しており、多くのアスリートをサポートしている。今回、「JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」を新たに開始するが、JOC公式ウェブサイト内の寄付プログラムページは2018年9月に更新予定だ。

寄せられた寄付金で夢の実現に向け挑戦するアスリートを支援
選手の夢をサポートできる体制の整備が重要

JOC 竹田会長によると、「寄せられた寄付金は、選手の強化合宿、用具の購入、療法の収集、自らのコンディションを整える、メンタルのケアなど、スポーツ医科学のサポートにも利用させていただくことになっています」とした。

2020東京五輪に向けては、聖火リレーの出発地や出発日、競技の日程、チケットの購買価格、マスコットの名前などの準備も進んでいるが、何より日本選手団の活躍が重要だ。2016年のリオの五輪は金12、銀8、銅21個を獲得し、入賞総数も88という過去にない最高の成績を収めることができたが、2020東京大会は金メダル30個、世界第三位を目指す。また、全競技団体が入賞を目指すとした。

記者説明会当日は、ロンドン2012オリンピック ボクシングミドル級金メダリスト、WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手も登壇し、フリーアナウンサーの加藤綾子さんとトークセッションを行った。村田氏は、金メダルを獲るまで、選手をサポートできる体制の整備が重要とした上で、「キャンペーンで皆さんにサポートしてほしい」と呼びかけた。

村田選手と加藤さんのトークセッションの様子。会場には、東京2020マスコット「ミライトワ」も登場

関連記事

ペイメントニュース最新情報

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP