2018年9月12日8:00

国内では、Suicaやnanaco、WAONといった電子マネーサービスが登場し、定着している。海外では、クレジットカードやデビットカードのEMVスタンダードのICカード化により、国際標準規格のType A/B準拠の非接触決済サービスが展開されている。「フューチャーペイメント要覧」の“はじめに”から、IC電子マネーとコンタクトレスペイメントについて振り返りたい。

1990年代にさまざまな電子マネープロジェクトが立ち上がる

D.チャウム氏が暗号通貨であり、仮想通貨であるDigicashを設立したのは1990年である。1990年代にはインターネットの商業化が、アメリカを中心として始まり、SETやサイバーキャッシュなどのクレジットカード利用の電子化を図る「クレジットカード応用型」やNet CheckやQuicken、Microsoft Moneyなどの預金通貨を決済手段に利用する「預金通貨利用型」、VISA CashやベルギーのProton、シンガポールのNETSなどのプリペイドカード機能を向上させた「プリペイドカード型」、MondexやDigicashなどの転々流通が可能な「現金通貨模倣型」と大きく4つのカテゴリーに分けられる電子マネープロジェクトが欧米や日本などで展開され始めた。

1990年代中頃、欧米では急増するデビットカード決済のうち、主に少額決済の代替を対象としたプリペイドカード型の電子マネーが注目を集めるようになった。こうした中、VISAのVISA CashやマスターカードのMondexといったコンタクトICカードを用いたIC電子マネーの国際ベースプロジェクトがスタートした。一方、ナショナルベースのIC電子マネープロジェクトには、ドイツのGerte Carte やデンマークのDanmont、スイスのCash、オランダのChipknip、イタリアのMiniPayオンラインデビットカードが普及していたヨーロッパを中心にIC電子マネーの取り組みが行われていた。また、日本では当時デビットカードは全く普及していなかったものの、クレジットカードへのIC電子マネーの搭載も検討されていて、コインベースの少額決済の電子化を図るため、1998年から1999年にかけて、コンタクトICカードを用いた首都圏電子マネー実験(渋谷実験)や郵便貯金ICカード化実証実験(大宮実験)、NTT電子現金実験(新宿実験)などいくつかのIC電子マネープロジェクトの実証実験が行われた。

2000年代にEMVスタンダードの非接触IC決済の取り組み、日本でIC電子マネーの導入開始

Visaは2007年にコンタクトレスペイメントVisa payWave(日本では「Visaのタッチ決済」)スタート。現在は日本ではローソン、マクドナルド、イオン(予定)などで導入。世界70以上の国と地域で展開されている(出典:Visa)

クレジットカードやデビットカードに採用されていた磁気カードとPINによる本人認証は、1990年代後半からヨーロッパやアジアを中心にスキミングなどによる偽造カードによるカード不正を引き起こすようになった。1990年代初めにフランスではカード不正が横行し、ICカードによってカード不正を克服した成功体験を有していた。磁気カードとPINによる本人認証の脆弱性は予見され、ユーロペイ、マスターカード、VISAによるEMVスタンダードのICカードによるクレジットカードやデビットカードなどのペイメントカードのセキュリティ対策が練られていた。1998年には、EMVの最初の規格が公表されている。

2000年代には、インターネットの普及に伴うインターネット決済やIC電子マネーの取り組み、クレジットカードやデビットカードのEMVスタンダードのICカード化、PayPass(現・Mastercard Contactless)やVisa payWave(日本ではVisaのタッチ決済)などのコンタクトレスペイメントの取り組みが行われている。

1999年にヨーロッパで、決済通貨としてのユーロが導入され、2002年にはユーロ紙幣、ユーロ硬貨が発行され、SEPA(Single Euro Payments Area)が立ち上げられた。また、中国では2002年3月に人民銀行の支援を受けて中国銀聯(China Union Pay)が設立されている。2007年~09年にはサブプライムローンとリーマンショックによる世界同時不況が起きている。日本では、2001年からIC乗車券のSuicaやコンタクトレスペイメントのIC電子マネーのnanacoやWAONなどが続々とが発行されている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP